• ホーム
  • RORγtは発生中の胸腺細胞において生存促進因子Bcl-xLを介してサイトカイン受容体γcの量を制限する

RORγtは発生中の胸腺細胞において生存促進因子Bcl-xLを介してサイトカイン受容体γcの量を制限する

RORγt limits the amount of the cytokine receptor γc through the prosurvival factor Bcl-xL in developing thymocytes

Research Article

Sci. Signal. 28 Aug 2018:
Vol. 11, Issue 545, eaam8939
DOI: 10.1126/scisignal.aam8939

Davinna L. Ligons*,†, SuJin Hwang*, Adam T. Waickman, Joo-Young Park, Megan A. Luckey, and Jung-Hyun Park

Experimental Immunology Branch, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.

‡ Corresponding author. Email: parkhy@mail.nih.gov

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Center for Drug Evaluation and Research, U.S. Food and Drug Administration, White Oak, MD 20903, USA.

要約

サイトカイン受容体サブユニットγcは、T細胞の生存と分化にきわめて重要なシグナルを出す。われわれは、胸腺におけるT細胞発生中のγcの細胞表面存在量を制御する分子機構を検討した。正の選択により成熟T細胞になる前の、CD4+CD8+ダブルポジティブ(DP)胸腺細胞では、γc量が低いことが見出された。未成熟DP胸腺細胞には転写因子RORγtが豊富に存在し、これを欠失させると、選択前DP細胞特異的に、表面γcの存在量が増加した。RORγtは、γcをコードする遺伝子の発現を直接抑制するのではなく、抗アポトーシスタンパク質Bcl-xLを介して作用し、表面γcの存在量を低下させることにより、サイトカインシグナル伝達を減少させ、細胞代謝とミトコンドリア新生の抑制をもたらした。したがって、RORγt欠損胸腺細胞にBcl-xLを過剰発現させると、表面γc量が、正常な選択前DP細胞に存在する量まで戻した。総合すると、これらのデータは、細胞表面のγc存在量の制限におけるRORγtとBcl-xLのこれまで認識されていなかった役割を強調し、生存因子が、いくつかのサイトカインに共有される受容体サブユニットの存在量と表面分布を制限することによってサイトカインシグナル伝達を制御する、シグナル伝達回路を明らかにしている。

Citation: D. L. Ligons, S. Hwang, A. T. Waickman, J.-Y. Park, M. A. Luckey, J.-H. Park, RORγt limits the amount of the cytokine receptor γc through the prosurvival factor Bcl-xL in developing thymocytes. Sci. Signal. 11, eaam8939 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年8月28日号

Editor's Choice

IRE1αで細胞を動かす

Research Article

RORγtは発生中の胸腺細胞において生存促進因子Bcl-xLを介してサイトカイン受容体γcの量を制限する

MT2メラトニン受容体の2型糖尿病関連バリアントは個別のシグナル伝達様式に影響する

TGF-βによるTH17細胞生成の増強は骨形成タンパク質受容体1αシグナル伝達によって阻害される

CaV3.2チャネルの選択的阻害は末梢侵害性受容体の過興奮性を逆転させ、術後疼痛を軽減する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する