• ホーム
  • siRNAとCRISPR/Cas9を用いて解明されたGPCRシグナル伝達におけるβアレスチンの多様な役割

siRNAとCRISPR/Cas9を用いて解明されたGPCRシグナル伝達におけるβアレスチンの多様な役割

Manifold roles of β-arrestins in GPCR signaling elucidated with siRNA and CRISPR/Cas9

Research Article

Sci. Signal. 25 Sep 2018:
Vol. 11, Issue 549, eaat7650
DOI: 10.1126/scisignal.aat7650

Louis M. Luttrell1,2,3, Jialu Wang4, Bianca Plouffe5, Jeffrey S. Smith4,6, Lama Yamani7, Suneet Kaur4, Pierre-Yves Jean-Charles4, Christophe Gauthier8, Mi-Hye Lee1, Biswaranjan Pani4, Jihee Kim4, Seungkirl Ahn4, Sudarshan Rajagopal4,6, Eric Reiter8, Michel Bouvier5, Sudha K. Shenoy4,9, Stéphane A. Laporte7, Howard A. Rockman4,9,10, and Robert J. Lefkowitz4,6,11,*

1 Department of Medicine, Medical University of South Carolina, Charleston, SC 29425, USA.
2 Department of Biochemistry and Molecular Biology, Medical University of South Carolina, Charleston, SC 29425, USA.
3 Research Service of the Ralph H. Johnson Veterans Affairs Medical Center, Charleston, SC 29401, USA.
4 Department of Medicine, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
5 Department of Biochemistry and Molecular Medicine, Institute for Research in Immunology and Cancer, University of Montreal, Montreal, Quebec H3C IJ4, Canada.
6 Department of Biochemistry, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
7 Department of Medicine, Research Institute of the McGill University Health Center, McGill University, Montreal, Quebec H4A 3J1, Canada.
8 Physiologie de la Reproduction et des Comportements, Institut National de la Recherche Agronomique, CNRS, Université de Tours, 37380 Nouzilly, France.
9 Department of Cell Biology, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
10 Department of Molecular Genetics and Microbiology, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.
11 Howard Hughes Medical Institute, Duke University Medical Center, Durham, NC 27710, USA.

* Corresponding author. Email: lefko001@receptor-biol.duke.edu

要約

Gタンパク質共役受容体(GPCR)は多様な機構を介してマイトジェン活性化プロテインキナーゼERK1/2を調節する。βアレスチン(βArr1/2)は広範に分布するGタンパク質シグナル伝達インヒビターであり、GPCRの脱感作と内部移行を促進し、ERK1/2活性化の足場として働く。CRISPR/Cas9を用いてβArr1/2やGタンパク質を欠失させた研究によって、ERK1/2の特異的プールを活性化する際にβアレスチンが果たす役割について疑問が投げかけられている。われわれは、βArr1/2欠損が4つのGs共役GPCRによるERK1/2の活性化に与える影響を評価するために、親HEK293細胞とCRISPR由来βArr1/2ノックアウトHEK293細胞の3つの異なるペアにおいて、siRNAによるβArr1/2ノックダウンとβArr1/2による再構成の影響を比較した。すべての受容体をもついずれの親細胞株でも、ERK1/2の活性上昇はβArr2またはβArr1/2に特異的なsiRNAによって低減された。対照的に、CRISPR由来細胞株では細胞株の違いごと、および活性化される受容体の違いごとに影響にばらつきが認められた。β2アドレナリン受容体(β2AR)とβ1ARの場合、CRISPRクローンの違いによってβArr1/2の欠損はイソプロテレノールに刺激されるERK1/2の活性化を増加させたり、減少させたり、影響がなかったりした。バソプレシンV2受容体と卵胞刺激ホルモン受容体によるERK1/2の活性化は、これらの細胞では抑制されたが、βArr1/2による再構成によって促進された。CRISPR βArr1/2ノックアウト細胞における脱感作および受容体の内部移行の喪失は、β2ARによるERK1/2刺激を引き起こしてGタンパク質への依存度を高めたが、これはβArr1/2の再導入によって元に戻った。これらのデータは、βArr1/2が調節ハブとして機能し、異なる機構でERK1/2の活性化に至る経路間のバランスを決定していることを示唆するとともに、βArr1/2欠損細胞またはGタンパク質欠損細胞で得られた結果から野生型系統におけるGPCRの振る舞いを推定することのないように警告している。

Citation: L. M. Luttrell, J. Wang, B. Plouffe, J. S. Smith, L. Yamani, S. Kaur, P.-Y. Jean-Charles, C. Gauthier, M.-H. Lee, B. Pani, J. Kim, S. Ahn, S. Rajagopal, E. Reiter, M. Bouvier, S. K. Shenoy, S. A. Laporte, H. A. Rockman, R. J. Lefkowitz, Manifold roles of β-arrestins in GPCR signaling elucidated with siRNA and CRISPR/Cas9. Sci. Signal. 11, eaat7650 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年9月25日号

Editor's Choice

新たなつながり:治療の統合的探索

Research Article

siRNAとCRISPR/Cas9を用いて解明されたGPCRシグナル伝達におけるβアレスチンの多様な役割

基質との結合が偽キナーゼTRIB1の自己阻害をアロステリックに抑える

EGFRファミリープロテインキナーゼの共有結合性阻害剤はがん細胞においてヒトTribbles 2(TRIB2)偽キナーゼの分解を誘導する

マクロファージにおけるMerTKシグナル伝達は、CaMKII活性を抑制することにより、炎症収束メディエータの合成を促進する

最新のResearch Article記事

2018年9月25日号

siRNAとCRISPR/Cas9を用いて解明されたGPCRシグナル伝達におけるβアレスチンの多様な役割

基質との結合が偽キナーゼTRIB1の自己阻害をアロステリックに抑える

EGFRファミリープロテインキナーゼの共有結合性阻害剤はがん細胞においてヒトTribbles 2(TRIB2)偽キナーゼの分解を誘導する

マクロファージにおけるMerTKシグナル伝達は、CaMKII活性を抑制することにより、炎症収束メディエータの合成を促進する

2018年9月18日号

イノシトールホスファターゼSHIP2はSrcキナーゼを動員することによりFGF受容体の下流で持続的なERK活性化を可能にする