• ホーム
  • 可溶性gp130はインターロイキン-6およびインターロイキン-11クラスターシグナル伝達を阻害するが、細胞内自己分泌応答は阻害しない

可溶性gp130はインターロイキン-6およびインターロイキン-11クラスターシグナル伝達を阻害するが、細胞内自己分泌応答は阻害しない

Soluble gp130 prevents interleukin-6 and interleukin-11 cluster signaling but not intracellular autocrine responses

Research Article

Sci. Signal. 02 Oct 2018:
Vol. 11, Issue 550, eaar7388
DOI: 10.1126/scisignal.aar7388

Larissa Lamertz1, Franziska Rummel1, Robin Polz1, Paul Baran1, Selina Hansen1, Georg H. Waetzig2, Jens M. Moll1, Doreen M. Floss1, and Jürgen Scheller1,*

1 Institute of Biochemistry and Molecular Biology II, Medical Faculty, Heinrich-Heine-University, Düsseldorf 40225, Germany.
2 CONARIS Research Institute AG, Kiel 24118, Germany.

* Corresponding author. Email: jscheller@uni-duesseldorf.de

要約

インターロイキン-6(IL-6)は、IL-6ファミリーの炎症誘発性サイトカインである。IL-6ファミリーメンバーはサイトカイン特異的受容体とシグナル伝達サブユニットgp130の複合体を介してシグナルを伝達する。IL-6と膜結合型IL-6受容体(IL-6R)及びgp130との相互作用は「古典的シグナル伝達」を刺激するのに対し、IL-6及び可溶性IL-6Rとgp130との結合は「トランスシグナル伝達」を刺激する。あるいは、トランスミッター細胞上の膜結合型IL-6:IL-6R複合体が隣接するレシーバー細胞上のgp130受容体を活性化すると、「クラスターシグナル伝達」が生じる。可溶性gp130(sgp130)は選択的トランスシグナル伝達阻害剤であるが、古典的シグナル伝達には影響を及ぼさない。本研究では、可溶性gp130と天然及び合成膜結合型IL-6:IL-6R複合体との相互作用がIL-6クラスターシグナル伝達を阻害することを明らかにした。同様に、IL-11Rを介したgp130へのIL-11クラスターシグナル伝達も可溶性gp130によって阻害された。しかし、自己分泌古典的及びトランスシグナル伝達は、sgp130やgp130抗体などの細胞外阻害剤によって阻害されない。これらの結果から、自己分泌IL-6シグナル伝達が細胞内で生じ得ることが示唆される。

Citation: L. Lamertz, F. Rummel, R. Polz, P. Baran, S. Hansen, G. H. Waetzig, J. M. Moll, D. M. Floss, J. Scheller, Soluble gp130 prevents interleukin-6 and interleukin-11 cluster signaling but not intracellular autocrine responses. Sci. Signal. 11, eaar7388 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年10月2日号

Editor's Choice

新たなつながり:抗ウイルス薬としてのキナーゼ阻害剤

Research Article

LKB1-AMPK-&appha;1シグナル伝達経路はミトコンドリアの下流で低酸素性肺血管収縮を引き起こす

受容体チロシンキナーゼHIR-1は低酸素と細胞外マトリックス傷害に対するHIF非依存性応答を調整する

細菌のRas/Rap1部位特異的エンドペプチダーゼRRSPは非定型機構によりRasを切断しRas-ERKシグナル伝達を阻害する

可溶性gp130はインターロイキン-6およびインターロイキン-11クラスターシグナル伝達を阻害するが、細胞内自己分泌応答は阻害しない

最新のResearch Article記事

2018年10月2日号

LKB1-AMPK-&appha;1シグナル伝達経路はミトコンドリアの下流で低酸素性肺血管収縮を引き起こす

受容体チロシンキナーゼHIR-1は低酸素と細胞外マトリックス傷害に対するHIF非依存性応答を調整する

細菌のRas/Rap1部位特異的エンドペプチダーゼRRSPは非定型機構によりRasを切断しRas-ERKシグナル伝達を阻害する

可溶性gp130はインターロイキン-6およびインターロイキン-11クラスターシグナル伝達を阻害するが、細胞内自己分泌応答は阻害しない

2018年9月25日号

siRNAとCRISPR/Cas9を用いて解明されたGPCRシグナル伝達におけるβアレスチンの多様な役割