• ホーム
  • CrKアダプタータンパク質はインテグリンLFA-1によって誘導されるアクチン依存性T細胞移動及びメカノセンシングを媒介する

CrKアダプタータンパク質はインテグリンLFA-1によって誘導されるアクチン依存性T細胞移動及びメカノセンシングを媒介する

Crk adaptor proteins mediate actin-dependent T cell migration and mechanosensing induced by the integrin LFA-1

Research Article

Sci. Signal. 11 Dec 2018:
Vol. 11, Issue 560, eaat3178
DOI: 10.1126/scisignal.aat3178

Nathan H. Roy1,2, Joanna L. MacKay3, Tanner F. Robertson1,2, Daniel A. Hammer3,4, and Janis K. Burkhardt1,2,*

1 Department of Pathology and Laboratory Medicine, Children's Hospital of Philadelphia Research Institute, Philadelphia, PA, USA.
2 Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA, USA.
3 Department of Bioengineering, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA, USA.
4 Department of Chemical and Biomolecular Engineering, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA, USA.

* Corresponding author. Email: jburkhar@pennmedicine.upenn.edu

要約:T細胞が炎症細胞に侵入するためには、T細胞が内皮細胞にしっかりと接着して伸展し、内皮細胞バリアを通過して移動する必要がある。これらの事象は「アウトサイドイン」シグナルに依存しており、このシグナルを介して、関与するインテグリンが細胞骨格再構築を指示する。われわれはこのプロセスを媒介する分子事象を検討し、アダプタータンパク質Crkの発現を欠くマウス由来のT細胞は、インテグリンであるリンパ球機能関連抗原1(LFA-1)によって誘導される表現型、すなわち、アクチン重合、先導端形成及び二次元の細胞移動に欠陥があることを明らかにした。Crkタンパク質は、LFA-1シグナル伝達によって誘導されるE3ユビキチンリガーゼc-Cblのリン酸化及びその後のホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)サブユニットp85との相互作用の必須メディエーターであり、PI3K活性及び細胞骨格リモデリングを促進する。また、Crkタンパク質は、T細胞が、細胞伸展の変化及び力感受性タンパク質CasLのリン酸化の違いによって測定される基質の剛性の変化に反応する際にも必要であることが明らかになった。これらの結果から、Crkタンパク質がLFA-1シグナルとアクチンリモデリングをつなぐ主要な媒体であることが明らかになり、T細胞が基質の剛性を感知し応答するメカニズムに関する洞察を得ることができた。

Citation: N. H. Roy, J. L. MacKay, T. F. Robertson, D. A. Hammer, J. K. Burkhardt, Crk adaptor proteins mediate actin-dependent T cell migration and mechanosensing induced by the integrin LFA-1. Sci. Signal. 11, eaat3178 (2018)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年12月11日号

Editor's Choice

PD-1を標的にする

Research Article

マイクロRNA miR-7a-5pはα-シヌクレインを抑制することによって虚血性脳損傷を改善する

ミトコンドリアGRK2の虚血後の制限は筋細胞死を減少させグルコース酸化を維持することにより心臓を保護する

心筋細胞における至適なインターフェロン応答にはCav1.2チャネルのβ4サブユニットが必要である

CrKアダプタータンパク質はインテグリンLFA-1によって誘導されるアクチン依存性T細胞移動及びメカノセンシングを媒介する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する