• ホーム
  • 雌ショウジョウバエの生殖系列幹細胞は、ニッチ内のDPP機能を空間的に制限するように働く

雌ショウジョウバエの生殖系列幹細胞は、ニッチ内のDPP機能を空間的に制限するように働く

The Drosophila Female Germline Stem Cell Lineage Acts to Spatially Restrict DPP Function Within the Niche

Research Article

Sci. Signal., 27 July 2010
Vol. 3, Issue 132, p. ra57
[DOI: 10.1126/scisignal.2000740]

Ming Liu1,2, Tit Meng Lim2, and Yu Cai1,2*

1 Temasek Life Sciences Laboratory, National University of Singapore, Singapore 117604, Singapore.
2 Department of Biological Sciences, National University of Singapore, Singapore 117543, Singapore.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: caiyu@tll.org.sg

要約:幹細胞の維持には、空間的に限定されたニッチ関連シグナルが必要である。雌ショウジョ ウバエの生殖系列幹細胞(GSC)のニッチでは、デカペンタプレジック(Decapentaplegic:DPP)が主要なニッチ関連因子であり、狭い範 囲で機能して、GSCの分化ではなく自己再生を促進する。今回われわれは、GSC系列と、より厳密には幹細胞自体が、周囲の体細胞において上皮増殖因子受 容体(EGFR)-マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)シグナル伝達を活性化させることによって、DPP機能の空間的制限に関与しているこ とを示す。体細胞のEGFR-MAPKシグナル伝達は、DPPの移動や安定性にとって必要なグリピカンをコードするdallyの発現を 抑制した。結果として、DPP源(ニッチ中の体細胞)に近いGSCだけが高いシグナル活性化を示し、幹細胞として維持されたのに対して、ニッチ外のシスト ブラストは低いシグナル活性化を示し、分化を開始した。このように、われわれのデータから、GSCと体細胞の間の相互のクロストークがDPP活性の空間的 限界を決定し、その結果、GSCニッチの範囲を定めることが明らかになる。

M. Liu, T. M. Lim, Y. Cai, The Drosophila Female Germline Stem Cell Lineage Acts to Spatially Restrict DPP Function Within the Niche. Sci. Signal. 3, ra57 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年7月27日号

Editor's Choice

転写
エストロゲン受容体の多才な能力

Research Article

マクロファージ走化性には自己分泌性のプリン作動性受容体シグナル伝達が必須である

Akt経路における低域通過フィルター特性による受容体と下流シグナル伝達の脱共役

雌ショウジョウバエの生殖系列幹細胞は、ニッチ内のDPP機能を空間的に制限するように働く

Perspectives

阻害物質の阻害物質を阻害する:制御性T細胞の機能を高めるためにPKC-θを遮断する

最新のResearch Article記事

2018年4月17日号

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する