• ホーム
  • 空間的に構造化された細胞集団はインタクトな血管内皮において複数の感覚シグナルを並行して処理する

空間的に構造化された細胞集団はインタクトな血管内皮において複数の感覚シグナルを並行して処理する

Spatially structured cell populations process multiple sensory signals in parallel in intact vascular endothelium

Research Article

Sci. Signal. 18 Dec 2018:
Vol. 11, Issue 561, eaar4411
DOI: 10.1126/scisignal.aar4411

Matthew D. Lee1, Calum Wilson1, Christopher D. Saunter2, Charles Kennedy1, John M. Girkin2, and John G. McCarron1,*

1 Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences, University of Strathclyde, 161 Cathedral Street, Glasgow G4 0RE, UK.
2 Centre for Advanced Instrumentation, Biophysical Sciences Institute, Department of Physics, Durham University, South Road, Durham DH1 3LE, UK.

* Corresponding author. Email: john.mccarron@strath.ac.uk

要約

血流、血液凝固、血管新生、血管透過性、および血管リモデリングはそれぞれ、血管内皮への多数の可変的でノイズの多い相互作用する化学入力によって制御される。内皮は、心臓血管系が曝される化学組成物の全体を処理し、生理学的出力を決定する精巧な計算を実行する。この膨大な量の情報を処理することは、内皮が直面する大きな課題である。われわれは、カルバコール(CCh)とアデノシン三リン酸(ATP)に対する数百の内皮細胞の応答を分析し、内皮が化学環境のこれらの2つの異なる成分に対する応答を、並行して処理される相補的情報の別々の流れに分離することを見出した。CChおよびATPに対する感受性は、異なる細胞クラスターにマッピングされ、各アゴニストは、異なるシグナルパターンを生成した。シグナルの違いは、細胞自体の特性ではなくアゴニストによる活性化の特徴であった。複数の刺激が存在する場合、細胞は入力を伝達し、組み合わせて、入力の非線形の組み合わせである新たな異なるシグナルを生成した。われわれの結果は、内皮が、別々の細胞クラスターを用いて複雑な環境を単純化する構造化された共同的な感覚ネットワークであり、それぞれの細胞クラスターは生化学的環境全体の異なる側面に対する感受性をもち、多様であるが相互に関連する化学入力からのシグナルを双方向的に計算することを示している。これらの特徴により、内皮は選択的に別々のシグナルを処理し、ノイズの多い可変的な環境で複数の計算を実行することが可能となる。

Citation: M. D. Lee, C. Wilson, C. D. Saunter, C. Kennedy, J. M. Girkin, J. G. McCarron, Spatially structured cell populations process multiple sensory signals in parallel in intact vascular endothelium. Sci. Signal. 11, eaar4411 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年12月18日号

Editor's Choice

ケモカイン分泌を制御する

Research Article

5-oxoETEはMAS関連Gタンパク質共役受容体Dを介して便秘型過敏性腸症候群の痛覚を引き起こす

CD45の排除と架橋結合による受容体シグナル伝達が共にFcεRIの反応性を広げる

空間的に構造化された細胞集団はインタクトな血管内皮において複数の感覚シグナルを並行して処理する

全3つのIP3受容体アイソフォームが類似した特性を示すCa2+パフを生成する

T細胞活性化後、ORAI1、STIM1/2およびRYR1が秒以下のCa2+ミクロドメインを形成する

最新のResearch Article記事

2019年7月9日号

L型アミノ酸トランスポーターLAT1は破骨細胞形成を阻害し、mTORC1経路を介して骨の恒常性を維持する

短期細胞記憶はケモカイン受容体CXCR4のシグナル伝達応答を調整する

2019年7月2日号

宿主のミトコンドリアが腸内マイクロバイオームの多様性に影響を及ぼす:ROSの役割

長鎖非コードRNA NEAT1はニューロンのヒストンメチル化および加齢関連記憶障害を媒介する

2019年6月25日号

LIMK1を薬理学的に阻害するとβアミロイドに対する樹状突起棘の回復力が高まる