今週のScience Signaling 2015年5月12日号

Editor's Choice

発生神経科学
性同一性のエピジェネティックなプログラミング

Developmental Neuroscience
Epigenetically programming gender identity

Research Article

mTORC1阻害後の血管平滑筋細胞の分化にはGATA-6のリン酸化が必要である

Phosphorylation of GATA-6 is required for vascular smooth muscle cell differentiation after mTORC1 inhibition

ミスフォールドした神経変性疾患関連タンパク質α-シヌクレインによるMyD88依存性TLR1/2の活性化

Activation of MyD88-dependent TLR1/2 signaling by misfolded α-synuclein, a protein linked to neurodegenerative disorders

EGFR活性化SrcファミリーキナーゼはEGFRから遠位のGAB1-SHP2複合体を維持する

EGFR-activated Src family kinases maintain GAB1-SHP2 complexes distal from EGFR

2015年5月5日号

Editor's Choice

発生神経科学
低酸素症、ミエリンと新生児の脳

Research Article

突起形成を伴うアクチン細胞骨格リモデリングはHippo欠損マウスの心臓の再生に不可欠である

グリオブラストーマにおけるmiR-218発現抑制とRTK活性化のフィードバック回路

シロイヌナズナにおける硝酸の感知と取り込みはストレスホルモンであるアブシジン酸によって不活性化されるホスファターゼABI2によって亢進される

2015年4月28日号

Editor's Choice

がん
間質が腫瘍に薬剤耐性を盛る

Research Article

NGF-TrkAシグナル伝達の継時的プロテオミクスによって神経芽腫細胞の分化におけるE3リガーゼCbl-bの抑制的役割を同定する

Research Resources

動的ホスホプロテオミクスによって酵母のヌクレオチドおよびアミノ酸生合成のTORC1に依存した調節を明らかにする

eIF2α-ATF4シグナル伝達経路の時空間的活性化のin vivoイメージング:ストレスおよびストレス関連障害に関する洞察

Reviews

T細胞機能の制御におけるジアシルグリセロールキナーゼαおよびζの冗長的および特異的役割

2015年4月21日号

Editor's Choice

生化学
非酵素的なリジンリン酸化

Research Article

BRAF誘導性腫瘍形成はIKKαに依存するがNF-κBには依存しない

心筋細胞のPKCδ、PKCε両遺伝子欠失により、発生性および応答性心臓増殖抑制におけるそれらの中心的役割が明らかに

プロテインキナーゼGにより調節されるH2S産生が酸素の感知を支配する

2015年4月14日号

Editor's Choice

機械的シグナル伝達機構
テーラーメードのタリン機能

Research Article

mTORC1/4E-BP経路はヘモグロビンの産生をL-ロイシンの供給能に合わせて調整する

カゼインキナーゼ2(CK2)は脱ユビキチン化酵素OTUB1をSer16でリン酸化し、その核移行を惹起する

膜組成が変化した緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)バリアントがもつ変異はc-di-GMPの恒常的産生と関連する

2014:Signaling Breakthroughs of the Year

2015年1月6日号

2014:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2014:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[冊子を請求する]