今週のScience Signaling 2014年4月8日号

Editor's Choice

神経科学
細胞外miRNAが痛みをもたらす

Neuroscience
Extracellular miRNAs Mediate Pain

Research Article

寄生虫は宿主NADPH酸化酵素を活性化することよって植物細胞死を制限し感染を促進する活性酸素種を産生させる

Parasitic Worms Stimulate Host NADPH Oxidases to Produce Reactive Oxygen Species That Limit Plant Cell Death and Promote Infection

緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)のCheR2メチルトランスフェラーゼの特異性はMcpB化学受容体のC末端ペンタペプチドによって導かれる

Specificity of the CheR2 Methyltransferase in Pseudomonas aeruginosa Is Directed by a C-Terminal Pentapeptide in the McpB Chemoreceptor

Perspectives

ROSは回虫感染への道を拓く

ROS Open Roads to Roundworm Infection

2014年4月1日号

Editor's Choice

細胞生物学
糖でストレスを抑える

Research Article

ASS1欠損乳がん細胞ではアルギニン飢餓によってミトコンドリアの呼吸機能が低下する

細菌走化性を制御する細胞内シグナル伝達構成要素の直接的イメージング

Reviews

蛍光ツールによる経時的シグナル伝達ダイナミクスの可視化と操作

2014年3月25日号

Editor's Choice

細胞生物学
生命と細胞死

Editorial Guides

特集:がんとの闘いの精度を上げる

Research Article

トリプルネガティブ乳がんにおいてEGFRおよびHER3の拮抗作用がPI3K-Akt経路阻害薬への応答を高める

BRAF阻害剤はMEKおよびERKシグナル伝達を再活性化することによりRAS変異体や阻害剤抵抗性の黒色腫細胞における転移を誘導する

Perspectives

マイクロRNA回路はがんと炎症の結び付きを制御する

2014年3月18日号

Editor's Choice

自然免疫
火のつきやすい粘液

Research Article

DishevelledのHuwe1を介するユビキチン化がWntシグナル伝達経路の負のフィードバックループを規定する

心筋細胞収縮期の機械化学情報伝達は局在化した一酸化窒素シグナル伝達により媒介される

腫瘍抑制因子IkarosはT細胞でNotch標的遺伝子のレパートリーを形づくる

Perspectives

機械化学的シグナル伝達が心の琴線を調律する

2014年3月11日号

Editor's Choice

細胞生物学
YAPはマイクロRNAプロセシングを阻害する

Research Article

Caspase-8の二量体内および二量体間自己切断はCD95誘導性アポトーシスの強さおよびタイミングを制御する

哺乳類の発生中のニューロンでは、プレキシン-A4の異なる細胞質ドメインがセマフォリン3Aに対する多様な応答を媒介している

MeCP2はmiR-124に仲介されるSOCS5の抑制を促進することによってSTAT3シグナル伝達とエフェクターCD4+ T細胞の生成を強化する

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2011

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2011年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「サイエンス誌に載った日本人研究者2011」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2010

「Japanese Scientists in Science 2010−サイエンス誌に載った日本人研究者」は、Scienceに論文が掲載された日本人研究者・グループを紹介する特集本です。著者である先生の研究内容やラボについて、日本語で読むことができます。
[デジタル版のダウンロード]

From Japanese Scientists in /Science/ 2010. Reprinted with permission from AAAS.