今週のScience Signaling 2016年6月14日号

Editor's Choice

真菌のクオラム

A quorum of fungi

Research Article

1型コルチコトロピン放出因子受容体と共役するGタンパク質の切替えがてんかん脳における興奮性を促進する

A switch in G protein coupling for type 1 corticotropin-releasing factor receptors promotes excitability in epileptic brains

Research Resources

近位ビオチン標識から得られた接着斑の分子構成に関するナノメートルスケールの洞察

Proximity biotinylation provides insight into the molecular composition of focal adhesions at the nanometer scale

Reviews

生物学的データをクラスタリングする際の一般的な落とし穴の回避

Avoiding common pitfalls when clustering biological data

2016年6月7日号

Editor's Choice

新たなつながり:複雑なデータセットで発見をする

Research Article

非古典的BMP II型受容体シグナル伝達の増強が脆弱X症候群のシナプス異常を媒介する

シグナル伝達とトランスクリプトミクスデータテンソルを関連付けるモデルによって転写因子GATA6におけるTNF-インスリン間のクロストークが明らかに

Reviews

セストリンによるTORC1の制御:セストリンはロイシンセンサーか?

2016年5月31日号

Editor's Choice

アストロサイトが記憶形成を助ける

Research Article

神経ペプチド受容体GPR171を活性化させ食物摂取を増加させる低分子リガンドの同定

プロテインキナーゼA依存的リン酸化は低酸素誘導因子1の転写活性を刺激する

4E-BP–eIF4E軸はリンパ球においてラパマイシン感受性の成長と増殖を促進する

2016年5月24日号

Editor's Choice

感染すると都合の悪い時間帯

Research Article

血小板はインテグリンαIIb β3誘導性のアウトサイドインシグナル伝達とクラスタリン放出を介して脳血管におけるアミロイドβ凝集に関与する

代謝と血管に有益に作用し生殖組織を刺激しない経路選択的なエストロゲンをデザインする

SHP-1によるアダプターLATおよびホスホリパーゼC–γの脱リン酸化はナチュラルキラー細胞の細胞障害性を阻害する

2016年5月17日号

Editor's Choice

Epoを標的にして貧血を治療する

Research Article

細胞内陽イオンチャネルTRIC-B欠損マウスはコラーゲン産生を損ない、骨石灰化不全を示す

BTG1は、ステアロイル-CoA不飽和化酵素1(SCD1)量を減少させ、肝脂質代謝を変えることにより脂肪肝を改善する

Themis1はVav1活性とGrb2の安定性の促進により胸腺細胞の発生中のT細胞受容体シグナル伝達を亢進する

Reviews

脂質の跡を追う:複数の細胞膜でPI3K機能によって開始されるシグナル

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

2016年1月5日号

2015:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2015
Japanese Scientists in Science 2015

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2015年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2015(2016年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2014
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]