今週のScience Signaling 2015年7月21日号

Editor's Choice

微生物学
細菌のc-di-GMPのサイクリン様機能

MICROBIOLOGY
Cyclin-like function of bacterial c-di-GMP

Research Article

関節軟骨の維持と変形性関節症におけるNOTCHシグナル伝達の二元的な役割

A dual role for NOTCH signaling in joint cartilage maintenance and osteoarthritis

プロテインホスファターゼ2A調節サブユニットB56αは心臓でホスファターゼ活性を制限する

Protein phosphatase 2A regulatory subunit B56α limits phosphatase activity in the heart

GRK2の誘導性の遺伝学的除去による食事性肥満およびインスリン抵抗性からの回復

Reversal of diet-induced obesity and insulin resistance by inducible genetic ablation of GRK2

2015年7月14日号

Editor's Choice

生理学
定期的な食事制限が健康を増進する

Research Article

TLR4活性化において単一細胞シグナル伝達の異なる特性はMyD88およびTRIF経路により付与される

ヘパラン硫酸プロテオグリカンの内皮トランスグルタミナーゼ-2との相互作用はVEGF165誘導性血管新生を制限する

Reviews

幹細胞を蓄える:成体の消化管において修復、異形成および腫瘍形成を刺激する分化細胞の再プログラミング

2015年7月7日号

Editor's Choice

神経科学
記憶を増強するプリオンタンパク質

Research Article

リーリンはin vivoでβアミロイドの毒性を防ぐ

一酸化窒素とS-ニトロシル化による脳グルタミン酸代謝の調節

Research Resources

タンパク質毒性ストレスはSUMO修飾のクロマチンランドスケープをリプログラムする

Reviews

二孔チャネルの機能および機能不全

2015年6月30日号

Editor's Choice

がん
がんの痛みを治療する

Research Article

キナーゼABLはDNA損傷に応答してマイクロプロセッサのサブユニットDGCR8をリン酸化することによって一次マイクロRNAのプロセシングを刺激する

未成熟ニューロンではWNK1により調節されるKCC2共輸送体の阻害性リン酸化がGABAの脱分極作用を維持する

単純な合成タンパク質足場は、酵母および哺乳類細胞において調整可能な人工MARK回路を作り出すことができる

2015年6月23日号

Editor's Choice

免疫学
組織損傷から適応免疫へ

Research Article

DNAのメチル化がニューロンのグルタミン酸作動性シナプスのスケーリングを制御する

IRE1は病的状態下での小胞体膜透過と細胞死を阻止する

カルシニュリン結合パートナーのPxIxITモチーフを模倣するカルシニュリン−NFATcシグナル伝達の小分子阻害薬の同定

2014:Signaling Breakthroughs of the Year

2015年1月6日号

2014:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2014:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[冊子を請求する]