今週のScience Signaling 2014年10月14日号

Editor's Choice

がん
がん細胞における代謝の再配線

Cancer
Rewiring the Metabolism of Cancer Cells

Research Article

リンパ管弁の形成と機能にはエプシン量とVEGFR3シグナル伝達の時間的および空間的制御が必要である

Temporal and spatial regulation of epsin abundance and VEGFR3 signaling are required for lymphatic valve formation and function

p38γとPTPN3の相互アロステリック調節にはPDZドメインにより調節される複合体形成が関与する

Reciprocal allosteric regulation of p38γ and PTPN3 involves a PDZ domain–modulated complex formation

Perspectives

コントロールフリークへのなり方

How to Become a Control Freak

2014年10月7日号

Editor's Choice

生理学
うつ病を追いだす

Research Article

末梢性疼痛はGタンパク質を介したT型カルシウムチャネルの刺激を通してインスリン様増殖因子1によって増強される

NEDD4のチロシンリン酸化はそのユビキチンリガーゼ活性を活性化する

β2インテグリンによって刺激されるシグナル伝達ネットワークが細胞傷害性細胞における溶解性顆粒の極性化を促進する

Perspectives

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月30日号

Editor's Choice

がん
転移性乳がんの治療の望み

Editorial Guides

特集:生理機能と疾患におけるTGF-βと間葉転換

Research Article

TGF-βに誘導される上皮間葉転換は複数のフィードバックループの段階的活性化を通じて進行する

gp130-Jak-Stat3シグナル伝達の部分的阻害はWnt–β-カテニンを介した腸腫瘍の増殖と再生を抑制する

グアニンヌクレオチド交換因子SLATのEFハンドドメインおよびPHドメインとIP3受容体1との会合がT細胞におけるCa2+シグナル伝達を促進する

2014年9月23日号

Editor's Choice

血管生物学
極性化されたVEGFシグナル伝達出力

Research Article

線維芽細胞増殖因子受容体1は内皮におけるTGFβシグナル伝達の重要な阻害因子である

Reviews

上皮間葉転換のシグナル伝達機構

2014年9月16日号

Editor's Choice

神経科学
アミロイドからATF4まで、軸索がニューロン消失を介する

Research Article

敗血症におけるヒストン介在性の内皮細胞への細胞毒性に対するロングペントラキシンPTX3の防御効果

ホスホリパーゼC-γ2の自己抑制的なC末端側SH2領域がB細胞受容体シグナロソームの会合を安定化する

Perspectives

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

Reviews

Hog1:発見と衝撃の20年

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2012

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.19

2013年3月-2013年5月の
掲載記事
[冊子を請求する]