今週のScience Signaling 2014年7月15日号

Editor's Choice

医学
レット症候群に対する併用治療

Medicine
Combined Treatment for Rett Syndrome

Research Article

E3リガーゼPARCはニューロンおよびがん細胞の生存を促すため細胞質チトクロームcの分解を媒介する

The E3 ligase PARC mediates the degradation of cytosolic cytochrome c to promote survival in neurons and cancer cells

Research Resources

細胞表面ディスプレイ技術とRacの同時的活性化による細胞の急速な食細胞化

Rapidly rendering cells phagocytic through a cell surface display technique and concurrent Rac activation

Perspectives

殺し屋を殺す:PARC/CUL9はチトクロムcの破壊により細胞の生存を促進する

Killing the Killer: PARC/CUL9 Promotes Cell Survival by Destroying Cytochrome c

Reviews

WNK-SPAK/OSR1経路:カチオン−塩素イオン共輸送体のマスター制御因子

The WNK-SPAK/OSR1 pathway: Master regulator of cation-chloride cotransporters

2014年7月8日号

Editor's Choice

生理学
いざという時、あなたはニンジュリンになりますか?

Research Article

ホスホプロテオミクス解析により、転写に共役するmRNA分解に関連するタンパク質がSnf1シグナル伝達の標的として同定される

アブシジン酸に対する気孔の反応には液胞の陰イオン交換輸送体AtCLCaのリン酸化が必要

AKAP150依存的で協調的なTRPV4チャネルの開口は内皮依存的血管拡張の中心であり、高血圧で乱される

Perspectives

足場を築いて血圧を下げる

2014年7月1日号

Editor's Choice

神経科学
日焼け中毒

Research Article

HedgehogはSmoothenedのリン酸化および経路の活性化を促進するためPKA-Smoothened複合体の形成を誘導する

骨髄間葉系幹細胞由来のエキソソームには転移性乳がん細胞の休眠を促進するマイクロRNAが含まれている

Perspectives

ヒトPTENの統一命名法とアミノ酸位置番号

Reviews

mTORによるストレス応答の転写制御

2014年6月24日号

Editor's Choice

免疫学
造血幹細胞を動員する

Research Article

一連のランダムな細胞内Ca2+スパイクの範囲内で刺激強度を高い信頼性でコード化

3色FRET解析はWIP-WASpアクチン制御複合体のコンフォメーション変化を明らかにする

ラットにおける一次感覚神経細胞のLIMK依存性アクチン重合は炎症性熱痛覚過敏の発生を促進する

2014年6月17日号

Editor's Choice

がん
MAPKのメチル化はRASシグナル伝達を増強する

Research Article

FAK-Cas-Rac-ラメリポディンのシグナル伝達モジュールは細胞外マトリックス剛性を機械刺激感受性の細胞周期回転に変換する

キナーゼLMTK3はGRB2を介するインテグリンβ1の誘導によって乳がんの浸潤を促進する

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2012

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。
Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.20

2013年6月-2013年8月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.19

2013年3月-2013年5月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.18

2013年1月-2013年2月の掲載記事
[冊子を請求する]