今週のScience Signaling 2016年2月2日号

Editor's Choice

毒性のTRPA1活性がミエリンを分解する

Toxic TRPA1 activity degrades myelin

Research Article

ABLキナーゼはTAZおよびSTAT5シグナル伝達を介して腫瘍と骨の相互作用を調節することによって乳がんの骨溶解性転移を促進する

ABL kinases promote breast cancer osteolytic metastasis by modulating tumor-bone interactions through TAZ and STAT5 signaling

MEK/ERKモジュールを介する状況特異的なフローがERK単一および二重リン酸化の細胞およびリガンド特異的なパターンを生み出す

Context-specific flow through the MEK/ERK module produces cell- and ligand-specific patterns of ERK single and double phosphorylation

adhesion型GPCR BAI1はマクロファージのROS産生およびグラム陰性菌に対する殺菌活性を媒介する

The adhesion GPCR BAI1 mediates macrophage ROS production and microbicidal activity against Gram-negative bacteria

2016年1月26日号

Editor's Choice

がんの代謝
GTPセンサーは脂質キナーゼである

Research Article

キナーゼMEK1およびMEK2の機能的冗長性:Mek2のノックインによるMek1変異体の表現型の救済はタンパク質の閾値効果を明らかにする

コレステロールがOrai1チャンネルの機能を調節する

GyrBをAMP化し、フィラメント形成を促進することによってバクテリアDNA複製を阻害する酵素としてFic-1を同定

2016年1月19日号

Editor's Choice

代謝
セルピンB1がインスリン感受性を改善する

Research Article

プリン作動性P2Y6受容体はアンジオテンシンAT1受容体とヘテロ二量体を形成してアンジオテンシンII誘発性高血圧を促進する

ESCRTタンパク質はサイトカイン受容体を輸送することにより構成的NF-κBシグナル伝達を制限する

2016年1月12日号

Editor's Choice

神経科学
CSF-1が疼痛シグナルを送る

Research Article

マウスにおけるサルモネラ感染時の自然免疫応答の協調作用は獲得免疫系の協調作用と相反する

mGlu2および5-HT2Aヘテロマー受容体複合体を介したアロステリックシグナル伝達とその統合失調症への潜在的な寄与

アストログリアネットワークがニューロンの協調を促進する

2016年1月5日号

Editor's Choice

神経科学
TNF-αによる認知障害

Editorial Guides

2015:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

Research Article

ロスマリン酸は植物により産生され細菌性クオラムセンシング調節因子を活性化するホモセリンラクトン模倣物である

マクロファージのp62およびポリユビキチン化タンパク質が濃縮した封入体はアテローム動脈硬化症から保護する

ヒトおよびマウスTLR経路の包括的RNAiスクリーニングが種特異的なシグナル伝達タンパク質使用の選択性を特定する

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

2016年1月5日号

2015:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]