今週のScience Signaling 2015年4月14日号

Editor's Choice

機械的シグナル伝達機構
テーラーメードのタリン機能

Mechanotransduction
Tailoring talin function

Research Article

mTORC1/4E-BP経路はヘモグロビンの産生をL-ロイシンの供給能に合わせて調整する

The mTORC1/4E-BP pathway coordinates hemoglobin production with L-leucine availability

カゼインキナーゼ2(CK2)は脱ユビキチン化酵素OTUB1をSer16でリン酸化し、その核移行を惹起する

Casein kinase 2 (CK2) phosphorylates the deubiquitylase OTUB1 at Ser16 to trigger its nuclear localization

膜組成が変化した緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)バリアントがもつ変異はc-di-GMPの恒常的産生と関連する

Constitutive production of c-di-GMP is associated with mutations in a variant of Pseudomonas aeruginosa with altered membrane composition

2015年4月7日号

Editor's Choice

神経科学
ストレス緩和のための過飲

Editorial Guides

特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

Research Resources

定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

TRAIL誘発性アポトーシスにおけるキナーゼネットワークの統合解析は併用療法の標的候補ソースを提供する

Reviews

翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

2015年3月31日号

Editor's Choice

免疫学
転写因子Soxは細菌DNAを検出する

Research Article

PTENはPREX2によって触媒されるRAC1活性化を阻害して腫瘍細胞の浸潤を抑制する

Gタンパク質共役受容体である嗅覚受容体のサブセットによるケタミンの分子認識

Reviews

メバロン酸代謝によるTリンパ球の制御

2015年3月24日号

Editor's Choice

細胞生物学
TSC1は自立している

Research Article

Notch1の部位特異的メチル化がNotch1の応答の振幅と持続時間を制御する

DDR2(ジスコイジンドメイン受容体2)は破骨細胞産生を抑制する骨粗鬆症の治療標的候補である

2015年3月17日号

Editor's Choice

生理学
先天性の肥満抵抗能

Editorial Guides

特集:がんにおける非コードRNA

Research Article

インターロイキン-10産生CD5+ B細胞は免疫グロブリンEによるアレルギー反応時にマスト細胞を阻害する

EGFは細胞遊走抑制因子を標的とするマイクロRNAを誘導する:乳がんにおいてmiR-15bはMTSS1を標的とする

Reviews

哺乳類マイクロRNAは、コードゲノムの外で、構造的および機能的複雑性に寄与する

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[冊子を請求する]