今週のScience Signaling 2016年5月10日号

Editor's Choice

乳幼児の失明を防ぐ

Preventing infant blindness

Editorial Guides

どのくらいのヒトタンパク質インタラクトームがまだマッピングされていないのか

How much of the human protein interactome remains to be mapped?

Research Article

プロテインキナーゼCα(PKCαの機能獲得型変異はアルツハイマー病におけるシナプス異常を促進しうる

Gain-of-function mutations in protein kinase Cα (PKCα) may promote synaptic defects in Alzheimer’s disease

転写因子FOXF1はマイトジェン活性化プロテインキナーゼERK5を刺激することによって前立腺がんを促進する

The transcription factor FOXF1 promotes prostate cancer by stimulating the mitogen-activated protein kinase ERK5

2016年5月3日号

Editor's Choice

アルツハイマー病ではアセチル化タウがシナプス可塑性を破壊する

Research Article

PERKは虚血ストレス後に血管新生増殖因子をコードするmRNAのIRES依存性翻訳の活性化を媒介する

3型自然リンパ球におけるNotchシグナル伝達はその可塑性を調節する

トランスフォーミング増殖因子βとNotchリガンドは3型自然リンパ球の可塑性調節において拮抗する環境信号として作用する

2016年4月26日号

Editor's Choice

鉄欠乏時の根の応答

Research Article

睡眠不足はmTORC1依存性タンパク質合成を減弱させることによって記憶を障害する

ニューロピリン1は血管内皮増殖因子受容体2の活性化とは独立に血管透過性を媒介する

神経内分泌ペプチドPENの受容体としてのGPR83の同定

Perspectives

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月19日号

Editor's Choice

WNTシグナル伝達の2面性

Research Article

Ghsr Q343X ラットのグレリンに対する応答性の増強は食欲の増加を伴わずに脂肪蓄積を増大させる

FOXF1は内皮のバリア機能を維持し肺損傷後の浮腫を防ぐ

Research Resources

コンピュータによる時空間解析によってWAVE2とコフィリンを共刺激に媒介されるT細胞アクチンの動態の共同調節因子として同定

2016年4月12日号

Editor's Choice

腫瘍プロモーターとしてのPTEN

Editorial Guides

特集:GPCRからGタンパク質へのシグナル伝達に関する新たな洞察

Research Article

オーファンGタンパク質共役受容体GPR37L1のN末端をメタロプロテアーゼで切断するとGPR37L1の恒常的活性が低下する

ドミナントネガティブGαサブユニットはヒト疾患におけるヘテロ三量体Gタンパク質シグナル伝達の制御不全の機構である

Gβは受容体のリン酸化を阻害することによりフェロモン受容体の極性化および酵母の向化性を促進する

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

2016年1月5日号

2015:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2015:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2015
Japanese Scientists in Science 2015

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2015年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2015(2016年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2014
Japanese Scientists in Science 2014

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]