今週のScience Signaling 2014年12月9日号

Editor's Choice

発生生物学
内分泌的に働くヘッジホッグ

Developmental Biology
Endocrine Hedgehog

Research Article

ニューレグリン1によって活性化されたERBB4はYAPと相互作用し、Hippo経路標的遺伝子を誘導し、細胞遊走を促進する

Neuregulin 1–activated ERBB4 interacts with YAP to induce Hippo pathway target genes and promote cell migration

PPFIA1-PP2Aタンパク質複合体は繊毛先端へのKif7の輸送とHedgehogシグナル伝達を促進する

The PPFIA1-PP2A protein complex promotes trafficking of Kif7 to the ciliary tip and Hedgehog signaling

T細胞においてキナーゼItkとアダプターTSAdがTyr192のリン酸化を亢進させることによってキナーゼLckの特異性を変化させる

The kinase Itk and the adaptor TSAd change the specificity of the kinase Lck in T cells by promoting the phosphorylation of Tyr192

Reviews

記憶と認知におけるヒストン脱アセチル化酵素

Histone deacetylases in memory and cognition

2014年12月2日号

Editor's Choice

細胞生物学
ハンチンチンはオートファジーに適応する

Research Article

EGFR/HER3ヘテロ二量体の構造解析によってHER3活性化変異体の分子基盤が明らかになる

マウスにおいてT細胞受容体のコンホメーション変化はT細胞サブセットの発生を特異的に決定する

Research Resources

定量的プロテオミクスにより明らかになったE-カドヘリンインタラクトームの複雑性および頑健性

2014年11月25日号

Editor's Choice

生殖生物学
一夫一婦制を強いる方法

Research Article

患者の浸潤性乳がん細胞はMenaINVおよびマクロファージ依存性経内皮遊走を示す

Apoer2の差次的なスプライシングとグリコシル化がシナプス可塑性と恐怖学習を変化させる

Research Resources

酵母代謝経路におけるリン酸化の役割に関する大規模な機能解析

Perspectives

浸潤性乳がんにおける血管内侵入の細胞内因性機構と細胞外因性機構を標的にする

2014年11月18日号

Editor's Choice

がん
出先でのエキソソーム内のプロセシング

Research Article

二孔チャネルから得られた電位開口型Ca2+チャネルとNa+チャネルの進化に関する洞察

PI3KβとPI3Kγの同時阻害はα-MSH依存性交感神経ドライブの増強により脂肪量を減少させる

T細胞急性リンパ芽球性白血病における一連の腫瘍抑制因子マイクロRNAの特徴付け

2014年11月11日号

Editor's Choice

翻訳後修飾
ニトロシル化すべき場所を知る

Research Article

炎症性刺激は脱アセチル化酵素SIRT1の阻害性S-ニトロシル化を誘導しp53とp65のアセチル化および活性化を増加させる

KRAS変異大腸がんモデルにおけるキナーゼPI3KとmTORの二重遮断に対する耐性は受容体チロシンキナーゼEGFRの阻害に対する複合感受性をもたらす

I型インターフェロンのシグナル伝達は、Toll様受容体4のアダプタータンパク質TRIFを介するシグナル伝達へのバイアスに寄与する

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2012

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.19

2013年3月-2013年5月の
掲載記事
[冊子を請求する]