今週のScience Signaling 2014年8月19日号

Editor's Choice

宿主病原体相互作用
エボラが抗ウイルスシグナル伝達を遮断する方法

Host-pathogen Interactions
How Ebola Shuts Down Antiviral Signaling

Research Article

ErbB4 CYT2バリアントはEGFRをリガンド誘導性の分解から保護してがん細胞の運動を促進する

The ErbB4 CYT2 variant protects EGFR from ligand-induced degradation to enhance cancer cell motility

休止B細胞の細胞内小胞におけるアダプターSLP-65の高分子集合

Macromolecular assembly of the adaptor SLP-65 at intracellular vesicles in resting B cells

TNFスーパーファミリーメンバーによるシグナル伝達阻害の1戦略としての受容体オリゴマー形成の操作

Manipulation of receptor oligomerization as a strategy to inhibit signaling by TNF superfamily members

Perspectives

デザイナー「サイトカイン拮抗薬」でRANKを出し抜く

Outflanking RANK with a Designer Antagonist Cytokine

2014年8月12日号

Editor's Choice

代謝
Notchの抑制によりベージュ脂肪細胞を増やす

Research Article

神経膠芽腫におけるEGFRと炎症性サイトカインTNFαの両方によるがん化シグナル伝達はaPKCの標的化によって無効になる

IV型コラーゲンは接着Gタンパク質共役受容体GPR126の活性化リガンドである

チロシンキナーゼLynは形質細胞のサイトカイン応答性を制限してマウスにおける蓄積を制限する

Perspectives

膜再編成因子としてのリポカリン2

2014年8月5日号

Editor's Choice

がん
膵がんにおけるヘッジホッグシグナル伝達の複合的な役割

Research Article

ARAFキナーゼの二量体化はMAPK経路の活性化と細胞遊走を促進する

カルモジュリンとPI(3,4,5)P3はItkプレクストリン相同ドメインに協調的に結合して効率的なカルシウムシグナル伝達とIL-17A産生を促進する

Reviews

骨格筋および心筋におけるHippoシグナル伝達ネットワーク

2014年7月29日号

Editor's Choice

神経科学
スピードのシナプス伝達

Research Article

TLR4の細胞膜へのデリバリーの開始と調節にはCOP IIアダプタータンパク質TMED7が必要である

乳がんではAKT1によりリン酸化されたSIRT6のMDM2を介した分解が、腫瘍形成およびトラスツズマブ耐性を促進する

Rab13はリンパ球輸送のためにインテグリンLFA-1を細胞表面に届けるようにキナーゼMst1の下流で作用する

2014年7月22日号

Editor's Choice

抗ウイルスシグナル伝達
一つで二つの抗ウイルス応答の抑制

Research Article

REDD1は、プロテインホスファターゼ2Aを介したAktの脱リン酸化を亢進し、mTORC1シグナル伝達を抑制する

膜タンパク質Pannexin1は活性化様式に応じて2つのチャネル開状態の立体構造をとる

Research Resources

TGF-βに応答した初期リン酸化プロテオームとその後のプロテオームの変化に関する時間分解分析

Perspectives

静止時のニューロンの刺激

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2012

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。
Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.20

2013年6月-2013年8月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.19

2013年3月-2013年5月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.18

2013年1月-2013年2月の掲載記事
[冊子を請求する]