今週のScience Signaling 2014年9月9日号

Editor's Choice

神経科学
オートファジーは社会性をもつ

Neuroscience
Autophagy Goes Social

Research Article

アブシジン酸の刺激による部位およびキナーゼ特異的なリン酸化を介した孔辺細胞の陰イオンチャネルSLAC1の活性化

Site- and kinase-specific phosphorylation-mediated activation of SLAC1, a guard cell anion channel stimulated by abscisic acid

硫化水素による内皮型一酸化窒素合成酵素のS-スルフヒドリル化、S-ニトロシル化、およびリン酸化の調整

The coordination of S-sulfhydration, S-nitrosylation, and phosphorylation of endothelial nitric oxide synthase by hydrogen sulfide

Reviews

サーチュインと概日時計:クロマチンと代謝の橋渡しをする

Sirtuins and the circadian clock: Bridging chromatin and metabolism

2014年9月2日号

Editor's Choice

神経科学
恐れることはない、Notchがここにある

Research Article

全身性硬化症および繊維症において酸化的DNA損傷はATMによるWnt阻害因子WIF-1の転写抑制を誘導する

TATA結合タンパク質のリン酸化がブルセイトリパノソーマ(Trypanosoma brucei)のスプライスリーダーサイレンシング経路を活性化する

Perspectives

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ

Reviews

老いた狐の新しいトリック:DNA損傷応答とゲノム安定性に対するTGFβの影響

2014年8月26日号

Editor's Choice

がん免疫学
脳腫瘍はTGF-βを使って免疫細胞と戦う

Research Article

セマフォリン3AはグアノシントリホスファターゼRab5を活性化させて成長円錐の崩壊を促進し脳梁の軸索突起を形成する

ジアシルグリセロールキナーゼαは免疫シナプスでジアシルグリセロール蓄積を形成することでT細胞の極性を確立する

T細胞受容体の刺激はヤヌスキナーゼ1を標的とするマイクロRNA miR-17 の発現を誘導することによりIL-7受容体シグナル伝達を阻害する

2014年8月19日号

Editor's Choice

宿主病原体相互作用
エボラが抗ウイルスシグナル伝達を遮断する方法

Research Article

ErbB4 CYT2バリアントはEGFRをリガンド誘導性の分解から保護してがん細胞の運動を促進する

休止B細胞の細胞内小胞におけるアダプターSLP-65の高分子集合

TNFスーパーファミリーメンバーによるシグナル伝達阻害の1戦略としての受容体オリゴマー形成の操作

Perspectives

デザイナー「サイトカイン拮抗薬」でRANKを出し抜く

2014年8月12日号

Editor's Choice

代謝
Notchの抑制によりベージュ脂肪細胞を増やす

Research Article

神経膠芽腫におけるEGFRと炎症性サイトカインTNFαの両方によるがん化シグナル伝達はaPKCの標的化によって無効になる

IV型コラーゲンは接着Gタンパク質共役受容体GPR126の活性化リガンドである

チロシンキナーゼLynは形質細胞のサイトカイン応答性を制限してマウスにおける蓄積を制限する

Perspectives

膜再編成因子としてのリポカリン2

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文(要ログイン)]

[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2013

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者
Japanese Scientists in Science 2012

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。
Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.20

2013年6月-2013年8月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.19

2013年3月-2013年5月の掲載記事
[冊子を請求する]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling Vol.18

2013年1月-2013年2月の掲載記事
[冊子を請求する]