今週のScience Signaling 2018年2月13日号

Editor's Choice

遺伝子発現を促進するAGO

(A)GO for gene expression

Research Article

教育されたナチュラルキラー細胞は活性化受容体NKp46のダイナミックな動きと抑制性受容体Ly49Aの限局を示す

Educated natural killer cells show dynamic movement of the activating receptor NKp46 and confinement of the inhibitory receptor Ly49A

小胞体ストレス応答調節因子ATF6は中胚葉の分化を促進する

The unfolded protein response regulator ATF6 promotes mesodermal differentiation

細胞極性タンパク質Par3およびPar6間相互作用の構造的基礎

Structural basis for the interaction between the cell polarity proteins Par3 and Par6

2018年2月6日号

Editor's Choice

ERファジーによるストレスの緩和

Research Article

モルフォゲンであるSonic Hedgehogに対する細胞の感受性はGタンパク質共役受容体によって調節される

HedgehogはE3ユビキチンリガーゼのSmurfファミリーを介したSmoおよびPtcの輸送を相反的に制御する

CCR4-NOT脱アデニル化酵素複合体はAtg7依存性細胞死と心機能を制御する

2018年1月30日号

Editor's Choice

細菌感染を感知する

Research Article

SILACによってLAD1をEGFに応答するフィラミン結合性アクチン動態調節因子および侵襲性乳腺腫瘍マーカーとして同定

KIF22はCARとEGFRの動態を協調させてがん細胞の増殖を促進する

蛍光Ca2+指示薬はNa,K-ATPアーゼを直接阻害し細胞機能を破壊する

2018年1月23日号

Editor's Choice

脂質生合成に必要なイントロンのスプライシング

Research Article

センサードメインの細胞内腔はTRPA1チャネルのアロステリックゲート開閉を制御する

グアナベンズはGADD34/PP1c複合体によるeIF2α脱リン酸化とは独立した経路を介してTLR9シグナル伝達を阻害する

甲状腺刺激ホルモン受容体特異的抗体による偏向性シグナル伝達が自己免疫における甲状腺細胞の生存を決定する

2018年1月16日号

Editor's Choice

新たなつながり:学習障害におけるシグナル伝達

Research Article

学習依存的なクロマチン再構築によって自閉症と関連のある非コード調節領域が浮き彫りになる

脆弱X症候群のヒト人工多能性幹細胞由来の神経前駆細胞におけるAMPA応答の機能的変化

Droshaの不活性化変異は遺伝性出血性毛細血管拡張症に類似した血管異常を仲介する

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2016
Japanese Scientists in Science 2016

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2016年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2016(2017年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2015
Japanese Scientists in Science 2015

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2015年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2015(2016年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]