今週のScience Signaling 2019年12月3日号

Editor's Choice

抗ウイルス活性の要点

The long and short of antiviral activity

Research Article

β細胞におけるハイプシン生合成がポリアミン代謝を条件的な細胞増殖に結び付けてグルコース恒常性を維持する

Hypusine biosynthesis in β cells links polyamine metabolism to facultative cellular proliferation to maintain glucose homeostasis

セラミド-1-リン酸とIVA型細胞質ホスホリパーゼA2の相互作用は急性創傷の治癒と修復を調節する

The interaction of ceramide 1-phosphate with group IVA cytosolic phospholipase A2 coordinates acute wound healing and repair

バイアスM1受容体ポジティブアロステリックモジュレータがM1依存性げっ歯類皮質可塑性におけるホスホリパーゼDの役割を明らかに

Biased M1 receptor-positive allosteric modulators reveal role of phospholipase D in M1-dependent rodent cortical plasticity

2019年11月26日号

Editor's Choice

外傷が回復力を高める

Research Article

ストレス活性化プロテインキナーゼHog1によるチオールベースの直接的危険感知

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である

Research Resources

ヒトセクレトーム

2019年11月19日号

Editor's Choice

調節されたタンパク質分解を介した代謝適応

Research Article

STIM1の連続的な活性化はCa2+を内腔ドメインのアンフォールディングとリンクさせる

動的なパルミチン酸化がDKK1受容体であるCKAP4およびLRP6のマイクロドメインの局在を制御している

2019年11月12日号

Editor's Choice

オーファン(孤児)を世話する

Research Article

TRPV4-PI3Kγ複合体の細胞膜への移行が筋線維芽細胞の分化転換を駆動する

ALK-1/SMAD/ATOH8経路は低酸素応答を減弱させ、肺動脈性肺高血圧症の発症を防止する

アミノ酸飢餓は中和抗体産生を増強させることによりワクチンの有効性を高める

2019年11月5日号

Editor's Choice

ラクチル化が炎症収束を促進する

Research Article

植物ヘテロ三量体GTP結合タンパク質のヌクレオチド交換依存性および非依存性機能

TFEBは脂肪細胞におけるPGC-1αの発現を誘導し、食事誘発性代謝障害から防御している

NRARPによるNotch細胞内ドメインアンキリンリピートスタックの伸長はNotchシグナル伝達のフィードバック阻害を促進する

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2018
Japanese Scientists in Science 2018

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2018年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2018(2019年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2017
Japanese Scientists in Science 2017

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2017年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2017(2018年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。 今回は2017年度掲載の47件の研究紹介に加え、2017年のBreakthrough of the Yearや、専門的な研究内容をわかりやすく紹介するScienceの著者によるコラムを3本掲載しています。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]