ページの本文へ移動

今週のScience Signaling 2024年4月2日号

Editor's Choice

アルツハイマー病に関連する脂肪滴

Lipid drops in on Alzheimer’s disease

Research Article

フェリチンの重サブユニットは肝星細胞でICAM-1を介してNLRP3インフラマソームを刺激し、肝臓の炎症を促進する

The heavy subunit of ferritin stimulates NLRP3 inflammasomes in hepatic stellate cells through ICAM-1 to drive hepatic inflammation

2024年3月26日号

Editor's Choice

傷つけるのではなく助けるようにミクログリアにバイアスをかける

Research Article

ミクログリア内のグルコシルセラミドの蓄積がマウスにおいてSTING依存性の神経炎症と神経変性を引き起こす

2024年3月19日号

Editor's Choice

痒みを分極化する

Research Article

CXCL17は、グリコサミノグリカンが関わる作用機序を介して働く、CXCR4のアロステリック阻害分子である

運動によって誘導されるBDNFは運動後回復期に骨格筋脂質代謝のPPARδ依存性リプログラミングを促進する

2024年3月12日号

Editor's Choice

抗体の脂肪への蓄積による老化

Research Article

アダプタータンパク質STINGの活性化はリン脂質PI4Pとの相互作用に依存する

Research Resources

がん関連線維芽細胞が、内皮細胞の機能に影響するマトリックス結合小胞を産生する

2024年3月5日号

Editor's Choice

骨髄チームを招集

Research Article

異なるタンパク質間相互作用がTCRおよび4-1BBドメイン含有CARによって媒介されるシグナル伝達の基になる

eEF1A2はオーロラキナーゼAのPTEN-GSK3β-SCF複合体依存性分解を促進し、乳がんでは不活性化されている

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2022
Japanese Scientists in Science 2022

コスモ・バイオは、AAAS(米国科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2022年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2022(2023年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2021
Japanese Scientists in Science 2021

コスモ・バイオは、AAAS(米国科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2021年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2021(2022年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]