今週のScience Signaling 2019年2月5日号

Editor's Choice

転移性黒色腫におけるオートファジー非依存性p62

Autophagy-independent p62 in metastatic melanoma

Research Article

低酸素環境下のがん関連線維芽細胞はNCBP2-AS2/HIARを増加させ、VEGFシグナル伝達の増強を介して内皮細胞発芽を促進する

Hypoxic cancer-associated fibroblasts increase NCBP2-AS2/HIAR to promote endothelial sprouting through enhanced VEGF signaling

小細胞肺がんにおいてLSD1阻害によりNOTCH活性化を標的化する

Targeting NOTCH activation in small cell lung cancer through LSD1 inhibition

アダプタータンパク質CIN85によるT細胞の活性化および機能の抑制

Inhibition of T cell activation and function by the adaptor protein CIN85

2019年1月29日号

Editor's Choice

複合体IIIによる免疫抑制

Research Article

グアニル酸シクラーゼAおよびBの偽キナーゼドメインは基質に対する触媒ドメインの親和性をアロステリックに高める

転写因子SP3はSmac模倣薬に応答してTNF-αの発現を誘導する

2019年1月22日号

Editor's Choice

ERKシグナル伝達に圧力をかける

Research Article

転写抑制因子RESTは髄芽腫のマウスモデルにおいて、Ptch1座位で系列・分化段階特異的なクロマチン凝縮を引き起こし、AKT活性化を促進する

Research Resources

チロシンキナーゼシグナル伝達の系統的解析からHER2陽性乳がんにおける共通の適応応答プログラムが明らかに

Reviews

暗いリン酸化プロテオームを照らす

2019年1月15日号

Editor's Choice

mTORC1はセンサーなしで作動する

Research Article

カドヘリン-11を介した筋線維芽細胞へのマクロファージの接着が、活性型TGF-βの線維化促進性ニッチを確立する

細胞活性化に対する個々のリガンド-受容体結合事象の確率論的順序のマッピング:T細胞はまれな事象に応答する

フィトスフィンゴシンとCD300bの相互作用がザイモサン誘発性一酸化窒素依存性の好中球動員を促進する

2019年1月8日号

Editor's Choice

併用療法は戦略のゲームだ

Research Article

マンガンはミクログリア細胞においてNLRP3インフラマソームシグナル伝達を活性化し、エクソソームによるASC放出を増やす

ホスファターゼPTPROtのTyr399のリン酸化はin vivoで破骨細胞活性と骨量を調節する分子スイッチになっている

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2017
Japanese Scientists in Science 2017

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2017年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2017(2018年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。 今回は2017年度掲載の47件の研究紹介に加え、2017年のBreakthrough of the Yearや、専門的な研究内容をわかりやすく紹介するScienceの著者によるコラムを3本掲載しています。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2016
Japanese Scientists in Science 2016

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2016年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2016(2017年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]