記事ID : 11225
研究用

ヒストン修飾とクロマチン構造変換による転写制御特集:エピジェネティクス/epigenetics

print このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

hdac.jpg

エピジェネティクスとは変化した活性化状態の維持、シグナル化、または永続的なものになるための染色体領域における構造適合として定義されています。アセチル化、メチル化、ユビキチン化を含むヒストンタンパク質への様々なクロマチン改変翻訳後修飾 (PTMs) が、DNAへの直接的な修飾と同様、遺伝子転写の on/off に関わっていることが知られています。今日まで、ヒストン・リジン残基のアセチル化/脱アセチル化やDNAのメチル化はエピジェネティックな PTMs の中で最も臨床的に重要であることが判明しています。

 

1.クロマチン免疫沈降/ChIP assay 

クロマチン免疫沈降法(chromatin immunoprecipitation: ChIP)とは、ホルマリンでDNAとヒストンなどのDNA結合タンパク質を架橋した後、超音波処理により可溶性のクロマチンにし、これ をアセチル化ヒストンや転写因子に対する抗体で免疫沈降するものです。免疫沈降物からDNAを精製し、PCR法にて目的とするDNA領域がどれだけ濃縮されているかを解析します。これにより、内在性のクロマチン領域にどれだけアセチル化されたヒストンや転写因子が結合しているかを調べることができます。ChIPは、このような利点からレポーター法やゲルシフト法と並んで、転写制御機構の解析において非常にポピュラーな方法となっています。

京都大学ウイルス研究所 生体応答学研究部門 生体防御研究分野 教授 生田 宏一 先生の総説
総説:エピジェネティクス epigenetics - ヒストン修飾とクロマチン構造変換による転写− より抜粋
epigenetics.png

ChIP用試薬


ChIP-Seq


クロマチンDNAの断片化(ソニケーション)

ChIP用抗体

ChIP抗体商品の一覧(品名順)

ChIPアッセイにお使いいただける抗体商品の一覧になります。一覧が表示されました後、「絞り込み検索項目」にターゲット名を入れていただくことで、目的の抗体をお探しいただけます。

その他、下記抗体商品にもご注目ください。

pagetop

2.DNAのメチル化 

メチル化DNAの単離/濃縮


メチル化DNA-Seq


阻害剤


抗体

メチル化の検出/定量

■メチル化DNA
■DNAメチル化酵素
■ヒドロキシメチル化DNA
pagetop

3.ヒストン解析 

アセチル化


脱アセチル化

■HDAC

■SIRT

ペプチドアレイ

脱メチル化


抗体


阻害剤

pagetop

 

4. ユビキチン化 / SUMO化 の解析

ユビキチン化タンパク質の精製


E1-UbおよびE2-Ubのチオエステル形成


ユビキチン研究用合成ポリペプチド


ユビキチン化ペプチド合成サービス


ユビキチン活性化

ユビキチン結合タンパク質生成


脱ユビキチン化


SUMO化/PolySUMO化タンパク質の分離濃縮


タンパク質SUMO化

  • SUMOylation kit [ENZ]
    SUMO化酵素カスケードを用いて、SUMO化タンパク質を作製
pagetop

 

5. ヌクレオソーム / 核内高次構造の解析

クロマチンリモデリング

バウンダリーエレメント

pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO