サポート情報

Q&A

記事ID : 12639

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 293AAV細胞株

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

対象商品: AAV-100

【01】 どのように細胞を培養すればよいですか?

293AAV 細胞株は HEK293 細胞を親株として派生し、細胞はウイルスアプリケーションを改善するために、特に平べったい形態で安定した接着のものが選択されました。この細胞は親株の 293 細胞と同様の方法で培養することが可能です。コンフルエントになる前に 1:6-1:10 に分割して下さい。

pagetop

【02】 どのように 293AAV 細胞から良い収率のウイルスを得るのですか?

継代数の少ない健康な細胞を使用するのが良いでしょう。継代数の多い細胞でウイルスをパッケージングすると、ウイルスが上手くパッケージされません。継代数10より少ない細胞で、ウイルスをパッケージングすることをお奨めします。

pagetop

【03】 この細胞はコンフルエンスによって影響を受けますか?

細胞はコンフルエントに達する前に分割して下さい。トランスフェクション効率とウイルスタイターが減少するおそれがあります。

pagetop

【04】 使用するべき凍結用培地は?

凍結用培地には 90% の完全培地と 10% の DMSO を使用して下さい。

pagetop

【05】 安定株を作製する場合、何の抗生物質を使用すればよいですか?

293AAV 細胞株はネオマイシンとゼオシンに耐性があります。安定細胞株を作製するために、ピューロマイシンまたはハイグロマイシンが使用できます。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO