サポート情報

Q&A

記事ID : 13462

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 細胞遊走アッセイ(走触性)

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「CytoSelect™細胞遊走アッセイ〜Haptotaxis(走触性)」

対象商品
品番 プレートタイプ サンプル数 ポアサイズ 検出
CBA-100-COL 24 well 12 well 8 μm 比色
CBA-101-COL 24 well 12 well 8 μm 蛍光
CBA-100-FN 24 well 12 well 8 μm 比色
CBA-101-FN 24 well 12 well 8 μm 蛍光

【01】 インサートメンブレンの底面にコラーゲンがコートされている#CBA-101-COLとインサートメンブレンの上部にコラーゲンがコートされている#CBA-111-COLの違いは何ですか?

これらの製品は細胞遊走と細胞浸潤というそれぞれ異なった過程をアッセイします。 #CBA-101-COLは、固定化された細胞外マトリックスタンパク質のハプトタキシス(走触性)を測定するために設計されています。 #CBA-111-COLは、細胞遊走、細胞外マトリックス分解、タンパク質分解、そして隣接している組織に細胞外マトリックスを通しての細胞の動きといった、複合した過程の細胞浸潤を測定するために設計されています。このアッセイにおいて細胞は、マトリックスメタロプロテイナーゼ(MMPs)のようなプロテイナーゼ活性を示し、膜の上部にコートされた基質を分解し浸潤するために必要です。

pagetop

【02】 インサートは一度で使い切る必要がありますか?

セルバイオラボ社のハプトタキシスアッセイは、24ウェルプレートフォーマットで、12個の個別に取り外し可能なインサートが含まれており、12アッセイを一度に行う必要はありません。使用しないインサートは、使用するまで4℃で保存し、滅菌した24ウェル細胞培養プレートと一緒に使用できます。

pagetop

【03】 血清フリーの培地を使用することは必須ですか?

細胞の再懸濁は、化学誘引物質の勾配を形成するために血清フリーの培地で行うことを推奨します。血清には多くのサイトカインや成長因子が含まれており、血清が存在すると、強い化学誘引物質として働き、テストしたい化学誘引物質の働きを隠してしまいます。DMEM以外の培地を用いることも可能です。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO