サポート情報

Q&A

記事ID : 14632

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 アルカリフォスファターゼキット

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「ES細胞分化検出キット StemTAG™ アルカリホスファターゼキット」

対象商品: CBA-300 / CBA-306 / CBA-301 / CBA-307 / CBA-302 / CBA-308

【01】 セルバイオラボ社のアルカリフォスファターゼキットは、種や細胞タイプに依存しますか?

全てのアルカリフォスファターゼキットは、骨芽細胞などのアルカリフォスファターゼを発現しているどんな細胞タイプにも使用できると考えられます。

pagetop

【02】 分化した細胞と未分化の細胞を特徴付けるために、StemTAG™ Alkaline Phosphatase Kit を使用しました。未分化細胞と比較して、分化細胞が高いレベル のアルカリフォスファターゼを示したことに驚いています。何が起こったのですか?

多くの成熟した細胞は、幹細胞に比べて低いアルカリフォスファターゼ活性を示します。しかしながら、骨芽細胞のように分化後にも高いレベルのアルカリフォスファターゼを示す細胞も存在します。

pagetop

【03】 2つのアルカリフォスファターゼ染色キット(品番: CBA-300、CBA-306)の違いは?

2つのアルカリフォスファターゼ染色キットどちらも、免疫細胞染色によるアルカリフォスファターゼ活性と通して未分化の細胞を検出します。#CBA-300 は赤色、#CBA-306 は紫色の染色剤が使用されています。赤色の染色は、一般的に紫色よりも鮮明です。

pagetop

【04】 アルカリフォスファターゼ染色キットは、組織スライスに使用することはできますか?

はい。セルバイオラボ社の染色キットは、アルカリフォスファターゼ活性を持つどんな組織や細胞にも使用することができ、アルカリフォスファターゼの活性を殺してしまうパラフィン包埋がされていなければ、組織スライスにも適合します。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO