サポート情報

Q&A

記事ID : 14670

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 Rho キナーゼ(ROCK)活性アッセイ

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「ROCK 活性アッセイ」

対象商品: STA-416

【01】 推奨のライシスバッファーは?

細胞と組織は RIPA buffer または次のライシスバッファーを使用して溶解することができます。
50 mM Tris-HCl, pH 7.5, 150 mM NaCl, 1 mM 2-glycerophosphate, 1 % Triton X-100 or 1 % Nonidet P-40, 1 mM EDTA, 1 mM EGTA, 1 mM Na3VO4 ,プロテイナーゼインヒビターカクテル

pagetop

【02】 このアッセイにタンパク質はどれくらい添加するべきですか?

添加するタンパク質量はサンプルの ROCK 活性レベルに依存します。セルバイオラボ(Cell Biolabs)社では、予備実験でできるだけ多くのサンプル(90 μL)を加え、続く実験で必要であれば量を減らすことを推奨します。

pagetop

【03】 スタンダードなしでどのように ROCK 活性を計算するのですか?

ROCK 活性アッセイはキナーゼ活性を測定し、スタンダードカーブと比較する ELISA とは異なります。多くの研究者は異なる条件での試験のために相対的な OD 値を結果として報告しています。別のオプションとして、ROCK II ポジティブコントロールを使用し、ROCK II 添加カーブを作製することでご自身のサンプルと比較します。

pagetop

© COSMO BIO