サポート情報

Q&A

記事ID : 13249

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 酸化 LDL ELISA キット

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「OxiSelect™ ヒト酸化 LDL ELISA キット」

対象商品: STA-388/STA-389/STA-369/STA-358

【01】 どの LDL ELISA キットを使用すればよいですか?

セルバイオラボ社の OxPL-LDL ELISA (品番:STA-358) は、LDL のリン酸化脂質コンポーネントで見られる修飾に特異的です。セルバイオラボ社の3つの OxLDL ELISA キット (品番:STA-388, STA-389, STA-369) は、LDL のリン酸化脂質とタンパク質の修飾を特異的に検出します。それぞれ修飾に特異的な (CML,HNE,MDA) 異なるキャプチャー抗体を使用しており、検出のために Anti-apoB 抗体を使用します。MDA は、LDL で見られる最も豊富な修飾ですが、安定性が最も低いです。MDA-LDL は、新鮮なサンプルをテストするときは理想的な選択です。6ヶ月以上-80℃で保存されたサンプルは、CML-LDL または HNE-LDL を検出することが可能でしょう。これらはより安定な修飾です。

pagetop

【02】 細胞ライセートの推奨の調製方法はありますか?

セルバイオラボ社では、OxLDL ELISA で細胞ライセートは試験していません。しかし、ライセートの調製は、PBS のみまたは PBS に低い濃度の界面活性剤 (1%以下の Triton など) で行うことを推奨します。スタンダードは、ライセートと同じバッファーで調製するべきです。細胞ライセート中の LDL レベルがどの程度かまたは沈殿ステップ後に十分な LDL が回収できるかについては分かりかねます。LDL が沈殿されたことを確認するために、タンパク質アッセイを沈殿ステップの前後に行うことができます。

pagetop

【03】 OxLDL は、サンプル保存中に分解しやすいですか?

3つの修飾すべて、時間とともに分解を受けます。MDA は、とても不安定で-80℃で1-2ヵ月後分解されます。CML や HNE 修飾は、より安定でサンプルは-80℃で6ヶ月は深刻な分解は起こりません。

pagetop

【04】 これらのキットはヒト以外の種に使用できますか?

抗ヒト ApoB 抗体を検出に使用しているので、 残念ながら他の種には適合しません。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO