サポート情報

Q&A

記事ID : 12495

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 アノイキスアッセイ

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「CytoSelect™ アノイキスアッセイ」

対象商品: CBA-080 / CBA-081

【01】 CBL社のアノイキスアッセイに含まれるプレートは再使用できますか?

CBL社のアノイキスアッセイプレートは、ヒドロゲルがコートされており、それに細胞は接着できないため、“アノイキス” 細胞死を促進します。プレートにコートされたヒドロゲルの表面の品質は、アッセイの初めから終わりまで、維持されない可能性がありますので、ウェルの再使用はお奨めできません。アノイキスアッセイプレートは、複数回の実験に使用することができ、1回で使い切る必要はございません。複数回で使用する場合は、プレートにカバーをし、4℃で保存していただくことをお奨めします。使用前に、使用していないウェルは、細胞培養フードの下からUVライトを30分間照射して下さい。

pagetop

【02】 使用していないウェルを後で使用するため、保存することは可能ですか?

24ウェルプレート(品番:CBA-080)の場合、プレートを一度に使い切る必要はありません。複数回の実験に使用することができ、1回で使い切る必要はございません。複数回で使用する場合は、プレートにカバーをし、4℃で保存していただくことをお奨めします。使用前に、使用していないウェルは、細胞培養フードの下からUVライトを30分間照射して下さい。

pagetop

【03】 どのように MTT と Calcein AM は働くのですか?

MTT は増殖アッセイに使用され、生細胞の酵素活性を tetrazolium dye(黄)を formzan(紫)に還元することにより測定します。Calcein AM は生細胞のインジケーターで、細胞内に取り込まれた Calcein AM は、細胞内エステラーゼによって切断され、緑色の蛍光を呈します。MTT と Calcein AM のどちらも細胞の生存能力を測定するのに使用できますが、どちらを用いるかは測定に用いるプレートリーダーのタイプに依存します。

pagetop

【04】 このキットは、アポトーシスではなく、アノイキスによって死んだ細胞を識別するのでしょうか?

アノイキスは、アポトーシスの1つの形で、細胞の適切な細胞外基質への接着を欠如することを誘導します。CBL社のアノイキスアッセイは、EthD-1 dye を用いて死細胞を測定し、それは、アノイキスやアポトーシスに特異的ではありません。しかし、このアッセイは、細胞が接着できないヒドロゲルがコートされたプレートを用いており、それはアノイキスの細胞死を促進します。しかしながら、このアッセイは、アポトーシスとアノイキスを区別するものではなく、このアッセイで検出した細胞死は、アッセイの状況からアノイキスによる細胞死によるものであると推測されます。

pagetop

【05】 キットに含まれているプレートは透明です。Calcein AM染色による蛍光はどのように測定するのですか?

CBL社のアノイキスアッセイは、細胞が接着できず、アノイキスによる細胞死を促進する透明なプレートが含まれております。細胞は、黒色プレートに移すことができ、蛍光プレートリーダーでCalcein AMの検出を行います。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO