サポート情報

Q&A

記事ID : 14143

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 タンパク質過酸化物(AOPP) アッセイ

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

商品詳細 「OxiSelect? AOPPアッセイ」

対象商品: STA-318

【01】 このアッセイに適しているサンプルタイプは?

AOPPアッセイは、このキットの検出限界以上のAOPPを含むどんなサンプルにも使用することができます。−80℃で1年またはそれ以上保存された、血漿、血清、組織・細胞ライセートなどのサンプルを用いることができます。

pagetop

【02】 AOPPアッセイのためにどのようにライセートを調製すればよいですか?

細胞または組織の溶解は、プロテアーゼインヒビターを含む1×PBS中でソニケーションまたはホモジナイズし、12,000×g、10分間で遠心し、上清をライセートとして回収することをおすすめします。セルバイオラボ社ではPBSを使用してライセートを調製して頂くことをおすすめしています。なぜなら、ライシスバッファーがAOPPsにダメージを与えるかどうか分からないからです。タンパク質濃度は、BSAやブラッドフォードなどのタンパク質アッセイで決定します。サンプルに依存するため、このアッセイのための特異的なタンパク質濃度はおすすめしておりません。サンプルがスタンダードカーブに収まるために必要な希釈率についてアッセイの前に事前に滴定を行うことを提案します。

pagetop

【03】 サンプルのAOPP濃度は、どのように表されますか?

AOPPサンプルの濃度は、クロラミンユニット(μM)または μMクロラミン換算ユニットとして表されます。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO