サポート情報

Q&A

記事ID : 14673

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 レポーター遺伝子安定発現細胞株

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

【01】 これらの細胞はどのように作製されたのですか?

セルバイオラボ(Cell Biolabs)社の安定細胞株は GFP、RFP、ルシフェラーゼ遺伝子を持っており、レンチウイルスによるトランスダクションまたはプラスミドをトランスフェクションし、安定なクローンを選抜しました。

pagetop

【02】 これらの細胞株は in vivo で使用できますか?

セルバイオラボ社ではこれらの細胞を in vivo で試験しておりませんが、多くの研究者はこれらの細胞株を動物に注入後、in vivo で腫瘍のモニタリングに使用しています。これらの細胞は親の細胞株の特徴を維持し、親株で確立された in vivo でのプロトコルで働くでしょう。

pagetop

【03】 レポーター遺伝子の発現のためのプロモーターは何ですか?

全てのセルバイオラボ社のレポーター遺伝子安定発現細胞株は、レポーター遺伝子の発現に CMV プロモーターを使用しています。

pagetop

【04】 挿入されたレポーター遺伝子のコピー数とそのロケーションは?

セルバイオラボ社では、これらの細胞が作製された時にレポーター遺伝子の発現を確認しておりますが、どれくらいのコピー数がホスト細胞にインテグレートされたか、インテグレーションの位置に関しては分かりません。

pagetop

【05】 時間経過によって、なぜ GFP レベルは減少するのですか?

GFP 発現は細胞が細胞サイクルの異なるステージに入ることで、数回継代後に変化してくる可能性があります。これに対処するために、継代数を少なくするか、GFP 発現細胞を FACS で再選抜する必要があります。

pagetop

【06】 レポーターに対する siRNA の推奨の配列は?

セルバイオラボ社では特異的な siRNA 配列を推奨し保証することはできません。しかしながら、レポーター遺伝子配列に対して働くと知られている配列であれば、これらの細胞にも働くことが予測されます。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO