サポート情報

Q&A

記事ID : 13245

FAQ : セルバイオラボ(Cell Biolabs)社 終末糖化産物(CML) ELISA キット

 セルバイオラボ(CBL)社 FAQ一覧をひらく

【01】 キットに含まれる抗体は、CML のどの部位に結合しますか?

CBL 社の CML ELISA キットに含まれるモノクローナル抗体は、タンパク質よりもむしろ、CML 構造を認識します。

pagetop

【02】 キット中の抗体は、CML に特異的ですか? 他の構造も認識しますか?

一次抗体は、CML 構造に特異的で他の糖化産物は検出しない抗 CML マウスモノクローナル抗体です。複数の AGE を認識するポリクローナル抗体を使用した CBL 社の AGE ELISA キットとは異なります。

pagetop

【03】 EDTA 血漿サンプルに使用できますか?

EDTA は、この競合 CML ELISA を干渉することはないでしょう。またその他の血漿調製時の抗凝固剤も問題ないでしょう。

pagetop

【04】 種特異性はありますか?

種特異性はなく、どんな種由来のサンプルにも使用することができます。

pagetop

【05】 細胞ライセートに使用できますか?

ご使用いただけます。ライセートはどんな溶解バッファーを用いて調製しても構いません。

pagetop

【06】 サンプル調製に用いる細胞数は?

残念ながら、サンプルの CML レベルに依存するためライセート調製に用いる細胞数については言及できません。CBL 社では、小スケールでスタンダードカーブに対するサンプルのタイトレーションを行い、その後に最も濃いサンプルから始め、段々希釈していくことをお奨めします。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO