商品情報

研究用

FtsZ: 新たな抗生剤の標的となるチュ−ブリンホモログ CYTOSKELETON NEWS 2012年1月/2月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

CYTOSKELTON NEWS 2012年1月/2月号 FtsZ: 新たな抗生剤の標的となるチュ−ブリンホモログ

FtsZ: 新たな抗生剤の標的となるチュ−ブリンホモログ

チューブリンホモログであるFtsZ (Filamenting temperature- sensitive mutant Z)は細菌の細胞分裂に密接に関与しており、新たな理想的な抗生剤の標的と考えられています。このタンパク質を欠損している変異体は細胞分裂することができず、フィラメント状に伸長し続けます。FtsZはGTPaseの一種でヌクレオチド依存性に一本鎖のフィラメントを形成し、頭尾重合により伸縮性のあるリングを形成します。このリングはZ-ringと呼ばれ、細菌が分裂する際に隔壁が形成される細胞膜の内側に形成されます。FtsZ重合反応は速やかに定常状態に到達しますが、FtsZのGTP加水分解により供給されているかのような継続的で迅速な補充により細胞分裂中も動的に維持されています(1-3)。FtsZは分裂部位に最初に出現し、細菌の分裂に関与する他のタンパクを誘導します。他の分裂関連タンパクの足場として働く一方で、FtsZ自身も細胞分裂作用を発揮し、細胞分裂を誘導します(1-6)。

FtsZは真核生物におけるチューブリンの原核生物におけるホモログと考えられています(5-11)。チューブリンとFtsZはいずれもGTP結合ドメイン(7-11)とGTPase活性(1-3, 12)を有しており、原繊維、2次元シート、原繊維リングを構築し、構造的に一致しています(5-11)。このような類似点があるにもかかわらず、これら2分子間での塩基配列のホモロジーは10-18%と低く(1, 13, 14)、FtsZの基礎となるサブユニットは単量体であるのに対してチューブリンのサブユニットはαとβのヘテロ2量体で構成されています(1-3)。また、in vitroにおけるFtsZ会合のためのGTPの加水分解の必要性は実験条件によって様々です;会合はしますがGTPase活性を欠損したFtsZ変異体はin vivoにおいて異なる細胞の表現形や機能を示します(17)。

最近になって、FtsZが新しい抗菌薬の新規標的として抗生物質研究において注目されています(18-23)。薬剤耐性菌の顕著な増加と新しい抗生物質開発の遅れから、細菌の分裂に関連するタンパクといった新規の標的に作用する抗菌剤が注目の的となっています(20, 24)。異なる種のFtsZ間のアミノ酸配列のホモロジーは35-99%で、その多くは40-60%の中に含まれます(www.cytoskeleton.com/new-products参照)。このような一致のレベルは創薬研究に主に以下に示す2通りの影響を与えます。1. 広い薬効範囲を持つ細菌FtsZに対するリガンドを同定することが難しくなります。2. 1種類のFtsZを標的として使用した場合、その種に特異性の高い薬剤を作製することができます。実際、HaydonらはFtsZ阻害剤であるPC190723は70%のホモロジーを持つStaphylococcus aureusBacillus subtilisには作用しますが、Escherichia coli (51%; 対S. aureus、47%; 対B. subtilis)には作用しないことを報告しています(Figure 1)(25, 26)。

15uM PC190723(阻害剤:赤線)およびHEPES250バッファー(緑線)存在下でのE.coli由来FtsZ (0.5 mg/ml:A)およびS. aureus由来FtsZ (0.5 mg/ml:B)の重合。

図1: 15uM PC190723(阻害剤:赤線)およびHEPES250バッファー(緑線)存在下でのE.coli由来FtsZ (0.5 mg/ml:A)およびS. aureus由来FtsZ (0.5 mg/ml:B)の重合。GTPase活性はMESG-based assay(カタログ番号 BK052)を用いて測定した。詳細は文献(25-27)参照。

GTPase活性測定や蛍光消光法、FRET解析法、沈降法、光散乱法といった方法がFtsZ重合の測定に用いられています。薬剤スクリーニングにはGTPase活性測定と蛍光消光法が適しています(詳細はwww.cytoskeleton.com/new-products参照)。タンパク相互作用の測定には、沈降法とGTPase活性測定が適しています。

これまでFtsZに関する多くの知見を得てきてはいるものの、以下のような多くの疑問がいまだ残されています。(i) Z-ringは何らかの力を発生する構造なのか、もしくは分裂に関連するタンパクが局在するための単なる足場なのか、(ii) 分裂においてヌクレオチド加水分解がどのような役割を果たしているのか、(iii)フィラメント中のどこで加水分解が起こっているのか、(v) ヌクレオチドの変換は単量体内、重合体内、もしくは両方で起こっているのか、(v) FtsZフィラメント間の側方相互作用はどのような性質を示すのか(3)。加えて、FtsZ重合におけるトレッドミル現象に関する報告や力学的不安定性に関してはさらに検討する必要があります。

FtsZおよびFtsZに関連した解析、異なるFtsZタンパク間のホモロジーに関する詳細な情報は サイトスケルトン社ウェブサイト「New Products」 外部リンク をご参照ください。

 

上部イメージ:FtsZ重合体(Aylett, et al. (2010). PNAS, 107, 19766-19771.
参考文献
1. Romberg and Levin (2003). Assembly dynamics of the bacterial cell division protein FtsZ: Poised at the edge of stability. Annu. Rev. Microbiol. 57, 125-154.
2. Erickson et al (2010). FtsZ in bacterial cytokinesis: cytoskeleton and force generator all in one. Microbiol. Mol. Biol. Rev. 74, 504-528.
3. Mingorance et al (2010). Strong FtsZ is with the force: mechanisms to constrict bacteria. Trends Microbiol. 18, 348–56.
4. Osawa and Erickson (2006). FtsZ from divergent foreign bacteria can function for cell division in Escherichia coli. J. Bacteriol. 188, 7132-7140.
5. Erickson et al (1996). Bacterial cell division protein FtsZ assembles into protofilament sheets and minirings, structural homologs of tubulin polymers. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 93, 519-523.
6. Erickson (1997). FtsZ, a tubulin homologue in prokaryotic cell division. Trends Cell Biol. 7, 362-367.
7. Erickson (1998). Atomic structures of tubulin and FtsZ. Trends Cell Biol. 8, 133-137.
8. Nogales et al (1998). Structure of the alpha/beta tubulin dimer by electron crystallography. Nature. 391, 199-202.
9. Lowe and Amos (1998). Crystal structure of the bacterial cell-division protein FtsZ. Nature. 391, 203-206.
10. Lowe (1998). Crystal structure determination of FtsZ from Methanococcus jannaschii. J. Struct. Biol. 124, 235-243.
11. Erickson (1995). FtsZ, a prokaryotic homolog of tubulin? Cell. 80, 367-370.
12. de Boer et al (1992). The essential bacterial cell-division protein FtsZ is a GTPase. Nature. 359, 254-256.
13. de Pereda et al (1996). Tubulin secondary structure analysis, limited proteolysis sites, and homology to FtsZ. Biochemistry. 35, 14203-14215.
14. Mukherjee and Lutkenhaus (1994). Guanine nucleotide-dependent assembly of FtsZ into fila­ments. J. Bacteriol. 176, 2754-2758.
15. Mukherjee and Lutkenhaus (1998). Dynamic assembly of FtsZ regulated by GTP hydrolysis. EMBO J. 17, 462-469.
16. Mukherjee et al (2001). Assembly of an FtsZ mutant deficient in GTPase activity has implica­tions for FtsZ assembly and the role of the Z ring in cell division. J. Bacteriol. 183, 7190-7197.
17. Bi and Lutkenhaus (1990). Analysis of ftsZ mutations that confer resistance to the cell division inhibitor SulA (SfiA). J. Bacteriol. 172, 5602-5610.
18. Margalit et al (2004). Targeting cell division: small-molecule inhibitors of FtsZ GTPase perturb cyto­kinetic ring assembly and induce bacterial lethality. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 101, 11821-11826.
19. Andreu et al (2010). The antibacterial cell division inhibitor PC190723 is an FtsZ polymer-stabi­lizing agent that induces filament assembly and condensation. J. Biol. Chem. 285, 14239-14246.
20. Kumar et al (2010). Discovery of anti-TB agents that target the cell-division protein FtsZ. Future Med. Chem. 2, 1305-1323.
21. Sass et al (2011). Antibiotic acyldepsipeptides activate ClpP peptidase to degrade the cell divi­sion protein FtsZ. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 108, 17474-17479.
22. Mathew et al (2011). Novel pyridopyrazine and pyrimidothiazine derivatives as FtsZ inhibitors. Bioorg. Med. Chem. 19, 7120-7128.
23. Schaffner-Barbero et al (2011). Targeting the assembly of bacterial cell division protein FtsZ with small molecules. ACS Chem. Biol. DOI: 10.1021/cb2003626.
24. Mintz (2011). Why the antibiotic discovery business needs to be revamped. Life Science Leader. http://www.lifescienceleader.com. October 2011.
25. Haydon et al (2008). An inhibitor of FtsZ with potent and selective anti-Staphyloccocal aureus activity. Science. 321, 1673-1675.
26. Haydon et al (2010). Creating an antibacterial with in vivo efficacy: synthesis and characteriza­tion of potent inhibitors of the bacterial cell division protein FtsZ with improved pharmaceuti­cal properties. J. Med. Chem. 53, 3927-3936.
27. Chen and Erickson (2005). Rapid in vitro assembly dynamics and subunit turnover of FtsZ dem­onstrated by fluorescence resonance energy transfer. J. Biol. Chem. 280, 22549-22554.
28. Popp et al (2010). Suprastructures and dynamic properties of Mycobacterium tuberculosis FtsZ. J. Biol. Chem. 15,

新規FtsZタンパクツール

FtsZは細菌におけるチューブリンホモログで、細菌の分裂に不可欠なタンパク質です。FtsZの不活化により分裂が抑制されることから新しい抗菌薬の標的として注目されています。
FtsZタンパク質はsるていどのホモロジーを有しているものの、これらのタンパク質に対する阻害剤は異なる親和性、効果を示します。したがって、標的精度を向上するには異なる種由来のタンパク質をスクリーニングする必要があります。
種選択的抗菌薬のスクリーニング精度を向上させるために、Cytoskeleton社ではStaphylococcus aureusStreptococcus pneumoniaeEnterococcus faecalis由来のFtsZタンパク質を提供しています。他の種由来のFtsZタンパク質もご要望によりご提供可能です。

FtsZタンパク質の結晶構造
Low and Armos (1998).
Nature, 391, 203-206.
FtsZタンパク質の結晶構造
FtsZ種由来 %ホモロジー(vs E. coli 品番
Escherichia coli 100 FTZ05
Salmonella enteritica 99 NA
Staphylococcus aureus 47 FTZ02
Streptococcus pneumoniae 50 FTZ03
Enterococcus Faecalis 49 FTZ04
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
FtsZ Protein Staphylococcus aureus 詳細データ CYT FTZ02-A 1*1 MG
¥111,000
FtsZ Protein Staphylococcus aureus 詳細データ CYT FTZ02-B 5*1 MG
お問い合わせ
FtsZ Protein詳細データ CYT FTZ03-A 1*1 MG
¥111,000
FtsZ Protein詳細データ CYT FTZ03-B 5*1 MG
お問い合わせ
FtsZ Protein Streptococcus pneumoniae 詳細データ CYT FTZ04-A 1*1 MG
¥111,000
FtsZ Protein Streptococcus pneumoniae 詳細データ CYT FTZ04-B 5*1 MG
お問い合わせ
FtsZ protein Escherichia coli 詳細データ CYT FTZ05-A 1*1 MG
¥111,000
FtsZ protein Escherichia coli 詳細データ CYT FTZ05-B 5*1 MG
お問い合わせ

 FtsZタンパク質(サイトスケルトン社;CYT)

■ CYTOSKELETON NEWS バックナンバー

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CYTOSKELETON NEWS 2012年1月/2月号」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO