商品情報

研究用

トラフィッキング:ArfとCdc42/Racの結合 CYTOSKELETON NEWS 2012年4月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

CYTOSKELETON NEWS 2012年4月号 トラフィッキング:ArfとCdc42/Racの結合

トラフィッキング:ArfとCdc42/Racの結合

Ras関連低分子量Gタンパク質の哺乳類ADP-リボシル化因子(Arf)サブファミリーは、多くのGPCRが共役しているGsaのコレラ毒素を介したADP-リボシル化を促進する機能から命名されました1。Arf GTPaseは分子量とアミノ酸配列の相同性により、クラスI(Arf1とArf3)、クラスII(Arf4とArf5)、クラスIII(Arf6)の3種類に分類されます2。このサブファミリーの中でArf1とArf3が最も研究が行われているGTPaseであり、異なる機能を有するものの、細胞内でのタンパク質や膜小胞の輸送では類似した役割を果たすことが分かっています3。Arf1は歴史上タンパク質を小胞体からゴルジ体へと輸送する被覆小胞の発達と成熟において重要な因子であると考えられてきましたが、近年Arf1がゴルジ体から細胞膜へのタンパク質輸送に関与することが報告されています4。Arf6は細胞膜とエンドサイトーシス区画に局在し、エンドサイトーシス性膜輸送と局所的なアクチン動態に対し重要な機能を果たし、特に後者はRhoファミリーGTPaseとのクロストークを伴います3

他の低分子Gタンパク質のように、Arf GTPaseはグアニンヌクレオチド交換因子(GEFs)によって、結合しているGDPをGTPに交換することにより活性化されます。Arf小分子Gタンパク質として同定されるGEFもあり、各々がGEF活性を示すのに必須である200アミノ酸残基のSec7ドメインを有します5。GEFは全長が様々ですが、古典的には真菌の抗生物質であるBrefeldin A(BFA)による阻害に感受性があるか抵抗性があるかにより、最近では系統学的な分析により分類されてきました6,7。Arf1は、BFAに対する感受性によらず、GEFによって活性化されることが、一方Arf6はBFA抵抗性のGEFによってのみ活性化されることが知られています3。FA抵抗性GEFであるARNO(a.k.a. cytohesin-2)は、生化学的な分析によりArf1とArf6の両方を活性化します。ARNOはArf1に基質選択性を示しますが、外因性のARNOを発現させた細胞ではArf6を活性化します9-11。加えて、活性化されたGTP結合型Arf6はARNOから細胞膜へ取り込まれ、Arf1の活性化を引き起こします11

 

 

GDPとBFAを結合したArf1-Sec7複合体の構造(PDB ID: 1REO)ref. 16.を改変

 

図;GDPとBFAを結合したArf1-Sec7複合体の構造(PDB ID: 1REO)ref. 16.を改変

Arf1とArf6は本来細胞内局在が異なりますが、活性化された際には似た役割を果たします。Arf1とArf6はともに、局所的な膜の環境を改変する脂質修飾酵素を活性化することが知られています3。Arf1によりRhoファミリーGTPaseであるCdc42が、Arf6によりRacが活性化され膜微小環境が改変されると、周辺のアクチン細胞骨格にも変化が生じます12。ゴルジに取り込まれたArf1は、N-WASPの活性化を行う成熟中のゴルジ小胞で、Cdc42を取り込みcoat protein complex I(COPI)を形成し、Arp2/3複合体の活性化やアクチン重合化を起こします13。こうして生じる局所的なアクチン骨格の変化は、ゴルジ小胞の成熟を促進すると考えられています。貪食、細胞接着、遊走、浸潤など多くの過程で、Arf6は細胞膜上でRacを介した局所的なアクチン骨格の改変を起こします。Arf6によるRacの活性化は、Rac GEFであるDock180(Dock180-ELMO複合体)、Kalirin5、Trioの取り込みにより生じます14,15

近日Cytoskeleton社からArf1とArf6や、その周辺経路を解析するための試薬が発売されます。Arf1とArf6のプルダウン法による活性化試験用の試薬や、Arf1、Arf6、ARNOのGEFドメインの組換え体タンパク質等が発売予定です。RhoファミリーGTPaseに対するArfの活性化の影響を調査する製品として、Cdc42とRac1の活性化試験用試薬としてプルダウン法とG-LISA法を提供します。

参考文献
1. Kahn, R. A., and Gilman, A. G. (1986) J. Biol. Chem. 261, 7906-7911. 2. Tsuchiya M., et al. (1991) J. Biol. Chem. 266, 2772-2777. 3. D’Souza-Schorey, C., and Chavrier, P. (2006) Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 7, 347-358. 4. Dong, C., et al. (2010) J. Phamacol. Exp. Ther. 333, 174-183. 5. Chardin, P., et al. (1996) Nature. 384, 481-484. 6. Cox, R., et al. (2004) Mol. Biol. Cell. 15, 1487-1505. 7. Jackson, C. L., and Casanova, J. E. (2000) Trends Cell Biol. 10, 60-67. 8. Macia, E., et al. (2001) J. Biol. Chem. 276, 24925-24930. 9. Frank, S. et al. (1998) J. Biol. Chem. 273, 23-27. 10. Santy, L. C., and Casanova, J. E. (2001) J. Cell Biol. 154, 599-610. 11. Cohen, L. A., et al. (2007) Mol. Biol. Cell. 18, 2244-2253. 12. Myers, K. R., and Casanova, J. E. (2008) Trends Cell Biol. 18, 184-192. 13. Heuvingh, J., et al. (2007) Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 104, 16928-16933. 14. Santy, L. C., et al. (2005) Curr. Biol. 15, 1749-1754. 15. Koo, T. H., et al. (2007) BMC Cell Biol. 8, 29. 16. Mossessova, E., and Corpina, R. A. (2003) Mol Cell. 12, 1403-1411.

タンパク質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cdc42 Protein: constituitively active, Human詳細データ CYT C6101-A 1*10 UG
¥120,000
Cdc42-GST Protein: dominant negative, Human詳細データ CYT C17G01-A 1*25 UG
¥120,000
Cdc42-GST Protein: Wild type, Human詳細データ CYT CDG01-C 8*25 UG
¥176,000
Cdc42-His Protein: Wild type, Human詳細データ CYT CD01-A 1*100 UG
¥120,000
Cdc42-His Protein: Wild type, Human詳細データ CYT CD01-C 3*100 UG
¥211,000
Cdc42-His Protein: Wild type詳細データ CYT CD01-XL 1*1 MG
お問い合わせ
Rac1 Protein: constitutively active, Human詳細データ CYT R6101-A 1*10 UG
¥120,000
Rac1 Protein: dominant negative, Human詳細データ CYT R17G01-A 1*25 UG
¥120,000
Rac1 GST Protein: wild type詳細データ CYT RCG01-C 8*25 UG
¥176,000
Rac1 His Protein: wild type, Human詳細データ CYT RC01-A 1*100 UG
¥120,000
Rac1 His Protein: wild type, Human詳細データ CYT RC01-C 3*100 UG
¥211,000
Rac1 His Protein: wild type, Human詳細データ CYT RC01-XL 1*1 MG
お問い合わせ
Rac2, His tagged詳細データ CYT RC02-A 1*100 UG
¥120,000

活性化アッセイ

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Rac1,2,3 G-LISA(R) Activation Assay Kit詳細データ CYT BK125 96 ASSAY
¥264,000
Rac1 G-LISA(R) Activation Assay Kit詳細データ CYT BK128 1 KIT
[96 assays]
¥264,000
Rac1 Pulldown Activation Assay Kit詳細データ CYT BK035 1 KIT
[50 assays]
¥212,000
Cdc42 G-LISA(R) Activation Assay Kit詳細データ CYT BK127 96 ASSAY
¥264,000
Cdc42 Pulldown Activation Assay Kit詳細データ CYT BK034 1 KIT
[50 assays]
¥212,000

低分子Gタンパク質抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Cdc42 w/positive control, Human (Mouse) 詳細データ CYT ACD03-A 1*100 UG
販売終了
Anti Cdc42 w/positive control, Human (Mouse) 詳細データ CYT ACD03-B 3*100 UG
販売終了
Anti Rac 1 w/positive control (Mouse) Unlabeled詳細データ CYT ARC03-A 2*50 UG
販売終了
Anti Rac 1 w/positive control (Mouse) Unlabeled詳細データ CYT ARC03-B 6*50 UG
販売終了

ファロイジン

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Acti-stainTM 488 phalloidin詳細データ CYT PHDG1-A 1*500 UL
[300 slides]
¥64,000
Phalloidin; Fluorescent Derivatives (Acti-StainTM 535), Rhodamine Isothiocyanate詳細データ CYT PHDR1 1*500 UL
[300 slides]
¥64,000
Acti-stainTM 555 phalloidin詳細データ CYT PHDH1-A 1*500 UL
[300 slides]
¥64,000
Acti-stainTM 670 phalloidin詳細データ CYT PHDN1-A 1*500 UL
[300 slides]
¥64,000

■ CYTOSKELETON NEWS バックナンバー

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CYTOSKELETON NEWS 2012年4月号」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO