商品情報

記事ID : 12869
研究用

頭頸部扁平上皮癌における microRNA-138 による RhoC のダウンレギュレーション CYTOSKELETON NEWS 2014年6月号 増刊号

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭頸部扁平上皮癌における microRNA-138 による RhoC のダウンレギュレーション

CYTN_hot_201406_1.jpg

近年、Mozaffarul Islam らによって、頭頸部癌の転移に関する知見を得ることを目的として、頭頸部扁平上皮癌 (HNSCC) における RhoC 活性化の根底にある分子メカニズムの検討がなされました。RhoC は、HNSCC を含む多くの種類の癌で恒常的に活性化されており、RhoC の活性化は腫瘍の進行、浸潤、転移と相関します。従って、RhoC 活性の制御メカニズムを理解することは、HNSCC やその他の癌を管理、治療する上で非常に重要であると考えられます。筆者らは、初代培養細胞、HNSCC 細胞株、初代 HNSCC腫瘍細胞において、microRNA-138 の発現が、活性化 RhoC量(又は腫瘍中のトータル RhoC mRNA 量)に反比例することを見出しました。これらの発見から、microRNA-138 が、RhoC の発現及び活性化を下方制御する、という結論が得られます。さらに、microRNA-138 の過剰発現は、ストレスファイバー形成の減少、及び RhoC 下流エフェクターの活性低下と相関します。この研究において、活性化した RhoCを定量化するために、Cytoskeleton 社の G-LISA® 活性化アッセイキット(品番: BK124)が使用されています。これらの結果から、RhoC GTPase が、頭頸部扁平上皮癌において重要な役割を果たしていることが示されました。

市販のRhoC 抗体で部分的に修飾

参考文献

M. Islam et al., 2014. Down regulation of RhoC by microRNA-138 results in de-activation of FAK, Src and Erk1/2 signaling pathway in head and neck squamous cell carcinoma. Oral Oncol. 50, 448-456.

G-LISA® 活性化アッセイキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
RhoA G-LISA(R) Activation Assay (absorbance)詳細データ CYT BK124 96 ASSAY
¥264,000

■ CYTOSKELETON NEWS バックナンバー

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CYTOSKELETON NEWS 2014年6月号 増刊号」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO