商品情報

記事ID : 33618
研究用

翻訳後修飾によるがん抑制遺伝子p53の機能の調整 CYTOSKELETON NEWS 2018年2月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

CYT_201802_1.jpg

がん抑制遺伝子p53の翻訳後修飾による機能の調整

マルチドメインで四量体であるp53タンパク質は、1979年に発見され1-3、その本当の機能が強力ながん抑制機能だと分かるまでは、がん遺伝子だと考えられていました4, 5。p53は、2つのN末端転写活性調整ドメイン(TAD1, TAD2)、プロリンリッチドメイン(P-rich)、DNA結合ドメイン(DBD)、リンカードメイン、四量体形成ドメイン(TD)、リジンリッチC末端調整ドメイン(REG) から成ります5(図1)。p53は転写因子として、最大3,000個の遺伝子の発現調節をしています。その中にはアポトーシス、老化、細胞周期の停止、DNA修復、細胞死、腫瘍微小環境、オートファジー、がんの浸潤・転移が含まれています6-8。p53の機能は時間空間的に複数のドメインで起きる50種の翻訳後修飾 (PTM) によって制御されています9-12(図 1)。本稿では、ユビキチン化、リン酸化、アセチル化によるp53の制御について述べていきます。

p53の翻訳後修飾
図1. p53の翻訳後修飾
p53は複数ドメインにおいて、おおよそ50個の翻訳後修飾を受ける。これらの翻訳後修飾は互いに依存せず、連携性がないが、お互いに阻害し合うこともある。

ユビキチン化

ストレスがなく正常に細胞が成長している間は、E3ユビキチンリガーゼ (MDM2: mouse double minute 2; ヒト相同体, HDM2)が、ユビキチン−プロテアソームを制御して、MDM2、p53、p300/CREB結合タンパク質からなるタンパク質複合体(p300/CBP)を分解することにより、p53の発現を最低限に抑えています13, 14。MDM2は、p53のTAD1と結合し、それでp53のREGドメイン中の6個のリジン(図 1)のポリユビキチン化を媒介し、p53を負の方向に抑制しています15。重要なことは、MDM2はp53の複数の個所でモノユビキチン化を直接媒介しているということです16。しかし、ポリユビキチン化については直接的に関与していません。その代わり、p300/CBPはユビキチンリガーゼとアセチルトランスフェラーゼ活性の両方を持っており、モノユビキチン化リジン残基をポリユビキチン化の基質として使います13, 14。注目すべきはおびただしい他のE3リガーゼ、たとえばPirh2, COP1, CHIP, ARF-BP1, E6-AP, TOPORS, TRIM24, MKRN1などがp53を制御しています9

リン酸化

セリン/スレオニン (Ser/Thr) 残基のリン酸化は、p53を安定化し、活性化するもので、遺伝毒性によるダメージ、発がん遺伝子の活性化、過剰増殖シグナル、低酸素症、栄養不良などの細胞内ストレスによって引き起こされるものです17, 18。活性化されると、四量体p53は、目標となる遺伝子のプロモーターのところで活性型転写複合体を形作り、遺伝子の発現を制御し、細胞周期を停止させたり、細胞死に導いたりします。おそらく、p53の活性を司っている一番重要なリン酸エピトープはSer15です。Ser15のリン酸化は、続いて起こる他のp53の残基(Thr18やSer20)のリン酸化に必要だからです9, 19。実際、Thr18のリン酸化はMDM2が結合するのを阻害するのに必要な触媒です。TAD1においてまとまって存在しているセリン残基 (Ser20、Ser33、Ser37、Ser46、Ser55)のリン酸化によって、MDM2のp53への結合力がさらに低下します9, 19-26(図1)。MDM2の結合力が低下するのに伴い、共転写活性化因子のp300/CBPが代わりにp53に結合します9, 19。この結合は、Ser15とThr18のリン酸化に依存しています21, 22。p300/CBPは構造的に類似した4個のドメイン(TAZ1、 KIX、TAZ2、NCBD)を持っており、p53のTADにそれぞれ違う強さで結合します24-26。p53の二箇所のリン酸化により、MDM2はp53から離れ、近傍のセリン残基のリン酸化が連続して起きることで(Thr18と比較して最大80倍)、KIXとTAZ1の両ドメインに対するp53の結合力が緩やかに上昇します9, 24-26。p300/CBPはp53に結合して、p53の複数個所のリン酸化を緩やかに増加させます。22, 24, 26

アセチル化

リン酸化に加えて、p300/CBPが媒介するアセチル化が、細胞内ストレスに応答したときのp53の安定化と活性化に不可欠です27-29。p53のREGドメインにおける6個のリジン残基(Lys370、Kys372、Lys373、Lys381、Lys382、Lys386) は、p300/CBPによるアセチル化の標的となります。このアセチル化により、MDM2が媒介するこれらのリジン残基のユビキチン化が阻害され、p53のトランス活性化能を保ちます9, 28。しかも、p53のアセチル化は、リン酸化の状態に関係なく、p53とMDM2の相互作用を不安定化させるのに不可欠なものです。p53のDBDの2つのリジン(Lys120、Lys164)とREGドメインの6個のリジンのアセチル化は、MDM2がp53複合体結合プロモーターに結合するのを阻害し、p53が媒介するストレス応答を可能にします29(図1)。MDM2はHDAC1複合体を通じてp53の脱アセチル化を促進します28。これによりp53がポリユビキチン化され、最終的にプロテアソームにより分解されます。

まとめ

四量体p53がん抑制タンパク質は、細胞周期の停止、細胞死、それに関する経路について何千もの遺伝子の発現を制御しています。それゆえ、MDM2とp300/CBPが媒介するポリユビキチン化により強固に負の制御を受けています。細胞ストレスによりp53はリン酸化・アセチル化されることで、安定化・活性化されます。HDAC1が媒介する脱アセチル化によって、次の細胞ストレスを受けるまでp53は静止状態になっています。p53や他のがん関連タンパク質が翻訳後修飾によってどのように制御されているのかを理解するために、Cytoskeleton社では、Signal-Seeker Enrichment Kitsをご用意しております。この商品で、細胞や組織ライセートにおけるチロシンリン酸化、ユビキチン化、アセチル化、SUMO化の細胞内濃度を研究することができます。また、多くの実験に利用できるPTM抗体もご用意しております。

参考文献
  1. Kress M. et al. 1979. Simian virus 40-transformed cells express new species of proteins precipitable by anti-simian virus 40 tumor serum. J. Virol. 31, 472-483.
  2. Lane D.P. and Crawford L.V. 1979. T antigen is bound to a host protein in SV40-transformed cells. Nature. 278, 261-263.
  3. Linzer D.I. and Levine A.J. 1979. Characterization of a 54K dalton cellular SV40 tumor antigen present in SV40-transformed cells and uninfected embryonal carcinoma cells. Cell. 17, 43-52.
  4. Soussi T. 2010. The history of p53. A perfect example of the drawbacks of scientific paradigms. EMBO Rep. 11, 822-826.
  5. Vousden K.H. and Prives C. 2009. Blinded by the light: the growing complexity of p53. Cell. 137, 413-431.
  6. Bieging K.T. et al. 2014. Unravelling mechanisms of p53-mediated tumour suppression. Nat. Rev. Cancer. 14, 359-370.
  7. Fischer M. et al. 2017. Census and evaluation of p53 target genes. Oncogene. 36, 3943?3956.
  8. Kruiswijk F. et al. 2015. p53 in survival, death and metabolic health: a lifeguard with a licence to kill. Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 16, 393-405.
  9. Meek D.W. and Anderson C.W. 2009. Posttranslational modification of p53: cooperative integrators of function. Cold Spring Harb. Perspect. Biol. 1, a000950.
  10. Kruse J.P. and Gu W. 2009. Modes of p53 regulation. Cell. 137, 609-622.
  11. Carter S. and Vousden K.H. 2009. Modifications of p53: competing for the lysines. Curr. Opin. Genet. Dev. 19, 18-24.
  12. Bode A.M. and Dong Z. 2004. Post-translational modification of p53 in tumorigenesis. Nat. Rev. Cancer. 4, 793-805.
  13. Grossman S.R. et al. 1998. p300/MDM2 complexes participate in MDM2-mediated p53 degradation. Mol. Cell. 2, 405-415.
  14. Grossman S.R. et al. 2003. Polyubiquitination of p53 by a ubiquitin ligase activity of p300. Science. 300, 342-344.
  15. Rodriguez M.S. et al. 2000. Multiple C-terminal lysine residues target p53 for ubiquitin-proteasome-mediated degradation. Mol. Cell Biol. 20, 8458-8467.
  16. Lai Z. et al. 2001. Human mdm2 mediates multiple mono-ubiquitination of p53 by a mechanism requiring enzyme isomerization. J. Biol. Chem. 276, 31357-31367.
  17. Giaccia A.J. and Kastan M.B. 1998. The complexity of p53 modulation: emerging patterns from divergent signals. Genes Dev. 12, 2973-2983.
  18. Hu W. et al. 2012. The regulation of multiple p53 stress responses is mediated through MDM2. Genes Cancer. 3, 199-208.
  19. Saito S. et al. 2003. Phophorylation site interdependence of human p53 post-translational modifications in response to stress. J. Biol. Chem. 278, 37536-37544.
  20. Shieh S.-Y. et al. 1997. DNA damage-induced phosphorylation of p53 alleviates inhibition by MDM2. Cell. 91, 325-334.
  21. Lambert P.F. et al. 1998. Phosphorylation of p53 serine 15 increases interaction with CBP. J. Biol. Chem. 273, 33048-33053.
  22. Lee C.W. et al. 2010. Graded enhancement of p53 binding to CREB-binding protein (CBP) by multi-site phosphorylation. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107, 19290-19295.
  23. Dumaz N. and Meek D.W. 1999. Serine 15 phosphorylation stimulates p53 transactivation but does not directly influence interaction with HDM2.EMBO J. 18, 7002-7010.
  24. Teufel D.P. et al. 2007. Four domains of p300 each bind tightly to a sequence spanning both transactivation subdomains of p53. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 104, 7009-7014.
  25. Ferreon J.C. et al. 2009. Cooperative regulation of p53 by modulation of ternary complex formation with CBP/p300 and HDM2. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 106, 6591-6596.
  26. Teufel D.P. et al. 2009. Regulation by phosphorylation of the relative affinities of the N-terminal transactivation domains of p53 for p300 domains and Mdm2. Oncogene. 28, 2112-2118.
  27. Gu W. and Roeder R.G. 1997. Activation of p53 sequence-specific DNA binding by acetylation of the p53 C-terminal domain. Cell. 90, 595-606.
  28. Ito A. et al. 2002. MDM2-HDAC1-mediated deacetylation of p53 is required for its degradation. EMBO J. 21, 6236-6245.
  29. Tang Y. et al. 2008. Acetylation is indispensable for p53 activation. Cell. 133, 612-626.

PTM抗体、ビーズ、その他

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Acetyl Lysine (Mouse) 詳細データ CYT AAC02 2*100 UL
¥105,000
Anti Acetyl Lysine (Trial size) (Mouse) 詳細データ CYT AAC02-S 1*25 UL
¥30,000
Anti Acetyl Lysine (Mouse) 詳細データ CYT AAC03 2*100 UL
¥105,000
Anti Acetyl Lysine (Trial size) (Mouse) 詳細データ CYT AAC03-S 1*25 UL
¥30,000
Anti Acetyl Lysine (Mouse) Horseradish Peroxidase詳細データ CYT AAC03-HRP 1*100 UL
¥120,000
Anti Acetyl Lysine (Trial size) (Mouse) Horseradish Peroxidase詳細データ CYT AAC03-HRP-S 1*25 UL
¥40,000
Anti Acetyl Lysine Affinity Beads (Mouse) 詳細データ CYT AAC04-BEADS 4*500 UL
¥155,000
Anti Phosphotyrosine Affinity Beads,  (Mouse) , 27B10.4詳細データ CYT APY03-BEADS 4*300 UL
¥155,000
Anti Phosphotyrosine,  (Mouse) Horseradish Peroxidase, 27B10.4詳細データ CYT APY03-HRP 1*100 UL
¥120,000
Anti SUMO-2/3 Affinity Beads,  (Mouse) , 11G2詳細データ CYT ASM24-BEADS 800 UL
[2 x 400 μl]
¥155,000
Anti Ubiquitin (Trial size),  (Mouse) , P4D2詳細データ CYT AUB01-S 1*25 UL
¥29,000
Anti Ubiquitin,  (Mouse) , P4D2詳細データ CYT AUB01 2*100 UL
¥105,000
Anti Ubiquitin,  (Mouse) , P4D1詳細データ CYT AUB01-XL 4*500 UL
¥228,000
Control for Ippt IgG beads詳細データ CYT CIG01-BEADS 10 ASSAY
¥30,000
Control for Acetyl- immunoprecipitation IgG beads詳細データ CYT CIG02-BEADS 10 ASSAY
¥30,000
Control for Ubiquitin Affinity Beads詳細データ CYT CUB02-BEADS 10 ASSAY
¥30,000

Signal-Seeker™ Enrichment Kits

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Signal-SeekerTM Acetyl-Lysine Detection Kit詳細データ CYT BK163 30 ASSAY
¥204,000
Signal-SeekerTM Acetyl-Lysine Detection Kit詳細データ CYT BK163-S 10 ASSAY
¥109,000
Signal-SeekerTM Phosphotyrosine Enrichment Kit詳細データ CYT BK160 30 ASSAY
¥204,000
Signal-SeekerTM Phosphotyrosine Enrichment Kit詳細データ CYT BK160-S 10 ASSAY
¥109,000
Signal-SeekerTM Ubiquitin Enrichment Kit詳細データ CYT BK161 30 ASSAY
¥204,000
Signal-SeekerTM Ubiquitin Enrichment Kit詳細データ CYT BK161-S 10 ASSAY
¥109,000
Signal-SeekerTM SUMOylation Enrichment Kit詳細データ CYT BK162 30 ASSAY
¥204,000
Signal-SeekerTM SUMOylation Enrichment Kit詳細データ CYT BK162-S 10 ASSAY
¥109,000

■ CYTOSKELETON NEWS バックナンバー

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CYTOSKELETON NEWS 2018年2月号」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO